ホーム > 暮らし・環境 > 食生活・消費生活 > 食の安心・安全きょうと > 食品表示 > 令和2年度事業者向け食品表示講習会について(動画で学ぶ講座)

ここから本文です。

令和2年度事業者向け食品表示講習会について(動画で学ぶ講座)

目的

平成27年4月にJAS法、食品衛生法及び健康増進法の3つの法律の食品の表示に係る規定が一元化され、令和2年4月に食品表示法が完全施行されました。

また、令和4年4月に新たな原料原産地表示(全ての加工食品の重量割合第1位の原材料に原料原産地を表示)が完全施行されます。

府内の食品関連事業者の皆さんが同法に基づく新たな表示をしていただけるよう、動画で学ぶ食品表示講座を御案内します。

 

内容

京都府食の府民大学(YouTube)の「食品表示講座」(平成31年3月開講)において、8項目を30分で受講できます。「まとめテスト」(全80問からランダムに出題される10問)に全問正解すると受講修了証を取得いただけます。

1食品表示とは

2生鮮食品の表示

3加工食品の表示(総論)・栄養成分表示

4原材料名・添加物・アレルゲン

5原料原産地表示の原則と改正

6「又は表示」・「大括り表示」・「大括り表示+又は表示」

7製造地表示

8個別ルールのある表示

以下リンクから受講いただけます。

食の府民大学の食品表示講座(YouTube)

 

対象者

府内の食品関連事業者(基礎)

 

補足

動画公開当時(平成31年3月)から変更があり、令和元年9月に特定原材料(アレルギー物質を含む原材料)の推奨表示品目に「アーモンド」が追加され、推奨表示が21品目になりました。

また、この動画で例示した表示はあくまで一例です。表示ラベル作成時には、食品表示法、食品表示基準(内閣府令)、食品表示基準について(通知)、食品表示基準Q&A(通知)、早わかり食品表示ガイド(令和2年4月版・事業者向け)等を必ず御確認ください。

消費者庁ホームページ 食品表示法等(法令及び一元化情報)(外部リンク)

 

参考 食品トレーサビリティについて

食品表示講座の受講と併せて、食品トレーサビリティ動画をお勧めしています。食中毒等の食品事故が発生した場合の迅速な食品の回収、原因究明に役立てていただくため、是非御覧ください。

農林水産省HP 食品トレーサビリティ「実践的なマニュアル」「総論」動画10分「(外部リンク)

(「総論」、「各論」ともにテキスト表紙をクリックすると動画が始まります。)

 

アンケート(所要時間は1分程度です。)

今後の講習会の参考にさせていただきますので、アンケートに御協力をお願いします。

アンケートフォーム(外部リンク)

 

チラシ

keihatsu1(PDF:553KB)

 

動画の利用について

京都府食の府民大学で閲覧できる動画は、府内の市町村、団体、大学、企業等から利用の申請があり、府が適当と認めるものにおいては利用することができます。利用にあたっては利用申請書(京都府食の府民大学「利用申請書」)により、申請してください。

 

その他

令和2年度食品表示指導者研修会については、令和3年2月頃にオンライン開催を予定しています。

食品表示指導者研修会

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部農政課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-432-6866

nosei@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?