ホーム > 暮らし・環境 > 食生活・消費生活 > 食の安心・安全きょうと > 腸管出血性大腸菌O157による食中毒予防について

ここから本文です。

腸管出血性大腸菌O157による食中毒予防について

腸管出血性大腸菌O157による食中毒が多発しています!

 全国的に腸管出血性大腸菌O157による食中毒が発生しており、患者数が増加しています。
 腸管出血性大腸菌O157による食中毒は、食中毒の中でも重症化しやすく、激しい下痢、血便に加えて腎不全や意識障害を伴う溶血性尿毒症症候群(HUS)を起こすことがあります。特に、子どもやお年寄りなどは命に関わる危険性もあります。
 腸管出血性大腸菌の食中毒を予防するために、お肉は中心部まで十分に加熱して食べることが重要です。手洗いを徹底し、器具・手指を介した2次汚染に注意しましょう。 

関連リンク

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4773

ファックス:075-414-4780

seikatsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?