ここから本文です。

家庭でできる食中毒予防

食中毒から大切な家族を守る6つのポイント!

ポイント1 買い物をするとき

  • 肉や魚、野菜などの生鮮食品は新鮮なものを選ぶこと。
  • 消費期限の表示があるものは、期限内であることを確認して購入。
  • 肉汁や魚などの水分がもれないように、別々のビニール袋に包み分けること。
  • 冷蔵・冷凍が必要な食品は、できるだけ買い物の最後に購入すること。

ポイント2 食品を保存するとき

  • 冷蔵・冷凍が必要な食品は、持ち帰ったらすぐに保存すること。
  • 冷蔵庫や冷凍庫の詰めすぎに要注意。7割程度を目安に。
  • 冷蔵庫は10度以下、冷凍庫は-15度以下での保存が理想的。食品はできるだけ早めに使い切るように。
  • 肉や魚などはビニール袋や容器に入れて、他の食品に肉汁がかからないように。
  • 食品を流し台の下に保存するときは、水漏れなどに注意。床に直接食品を置かない。

ポイント3 料理を始める前に

  • 生肉や魚、卵を取り扱ったとき、調理の途中に動物を触ったとき、トイレに行ったり、おむつ交換をしたときなどは、必ず手洗いをすること。
  • 生で食べるものや調理済みの食品に、肉や魚などの汁がかからないように。
  • ラップしてある野菜やカット野菜も念入りに洗うこと。
  • 生肉や魚を切ったあとは、包丁やまな板を必ず熱湯で洗い流すこと。包丁やまな板は、肉用、魚用、野菜用とそれぞれ使い分ければ安心。
  • 冷凍食品の解凍は、料理に使う量だけを冷蔵庫か電子レンジで。室温での自然解凍は危険。水を使って解凍するときは、気密性容器に入れて流水を使うこと。
  • 包丁、食器、まな板、ふきん、たわし、スポンジなどを使ったあとは、すぐに洗剤と流水でよく洗うこと。たわしやスポンジは煮沸消毒すればなお確実。

ポイント4 調理をするとき

  • まず手洗いを忘れずに。
  • 調理を始める前に、キッチンの汚れをチェック。タオルやふきんは清潔なものと交換しておくこと。
  • 加熱調理する食品は十分に加熱を。「中心部の温度が75度で1分間以上加熱」が基本。
  • 調理を途中でやめるときは必ず冷蔵庫に。再び調理するときは十分に加熱すること。

ポイント5 食事をするとき

  • 食卓につく前に、必ず手洗いを。
  • 盛りつけは、清潔な手で、清潔な器具を使い、清潔な食器に。
  • 調理前、調理後の食品を室内に長く放置しない(O157は、室温でも15~20分で2倍に増えます)。
  • 温かい料理は65度以上、冷やして食べる料理は10度以下を目安に。

ポイント6 食品が残ったとき

  • 残った食品はきれいな器具、皿を使って冷蔵庫などに保存。
  • 早く冷えるように浅い容器に小分けすること。
  • 残った食品を温め直すときも十分に加熱を。目安は75度以上。
  • ちょっとでも怪しいと思ったり、時間が経ちすぎていたら、思い切って捨てること。

関連リンク

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4780

seikatsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?