ホーム > 暮らし・環境 > 食生活・消費生活 > 食の安心・安全きょうと > 残留農薬の基準値超過について

ここから本文です。

残留農薬の基準値超過について

農産物の残留農薬検査を保健環境研究所で行ったところ、府内産枝豆から基準値を超える残留農薬を検出したため、8月9日(日曜)、中丹西保健所長が出荷者に対し、当該食品の回収を命じましたのでお知らせします。

1.違反品

福知山市夜久野町産枝豆(8月3日採取)

2.出荷者

(1) 名 称 : 京都丹の国農業協同組合(夜久野営農経済センター)

(2) 所在地 : 福知山市夜久野町額田1357

3.違反内容

・食品衛生法第11条第3項違反(残留農薬の基準超過)

・チアクロプリドを0.04ppm検出(一律基準0.01ppm)

※トマトの場合の基準値1ppm、ピーマンの場合5ppm

4.中丹西保健所の対応

(1) 食品衛生法第54条の規定による違反食品の回収命令

(2) 出荷者からの報告書等の徴収、回収状況の確認

(3) 出荷者に違反品の廃棄処分を指示

(4) 農林部局と合同で、違反品の出荷状況、販売状況の調査

(※8月6日:96袋出荷(1袋:200g)、8月7日:76袋自主回収済、20袋販売済)

5.その他

農林水産部において、当該生産者の農薬使用状況等実態調査を実施

参考

・チアクロプリドとは、殺虫剤として使用される農薬

・今回の検出量(0.04ppm)は、体重50kgの人が当該食品を、15kg(当該品75袋分)を毎日一生涯食べ続けても影響がないとされる量です。

(チアクロプリドの一日許容摂取量:0.012mg/kg/日)

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4773

ファックス:075-414-4780

seikatsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?