ホーム > 暮らし・環境 > 食生活・消費生活 > 食品ロス削減に向けた取組 > 実践型食育講演会「もったいない!みんなで減らそう食品ロス」を開催しました

ここから本文です。

実践型食育講演会「もったいない!みんなで減らそう食品ロス」を開催しました

6月25日日曜日、府民一人ひとりが「食品ロス」について考え、削減の方法を学ぶきっかけを作るため、実践型食育講演会「もったいない!みんなで減らそう食品ロス」を開催しました。

はじめに、南極料理人・西村淳氏から、南極観測隊に調理担当として参加した経験を踏まえて、食べ物を無駄にしないことや食を通じたコミュニケーションの大切さを講演いただきました。

引き続いて開催した料理教室では、西村氏が南極で実際に調理したレシピを、食生活改善推進員の指導のもと調理・試食しました。

参加者からは、「食の楽しみ、大切さを考えさせられた」、「食材が余ったら捨てるのではなく、工夫して使っていきたい」などの意見がありました。

開催日時

平成29年6月25日日曜日
14時から16時

開催場所

ラ・キャリエールクッキングスクール(京都市中京区河原町三条上ル)

参加者

講演会73名、料理教室39名

内容

講演「ごはんにしよう!」

講師 南極料理人・西村淳氏

会場の様子 講演の様子

内容(抜粋)

  • 南極での過酷な生活で、隊員の一番の楽しみは食事
  • 隊員同士で知恵を出し合い、限られた食材を使ってケーキや卵かけご飯など様々な料理を創作
  • 南極生活を経験して、工夫して生きることの大切さを知った。余った食材は使いきることを意識してほしい

料理教室

指導者 京都府食生活改善推進員連絡協議会、西村淳氏

料理の様子 調理の様子


料理の写真

 余ったから揚げをリメイク

  •  酢豚風酢鶏
  •  酸辣湯(サンラータン)
  •  炊き込みピラフ

参加者の感想(抜粋)

  • 西村先生の講演は、食の大切さを再認識できる貴重なお話だった。
  • 余ったから揚げから色々な料理ができて、楽しかった。家庭でも挑戦したい。
  • 家族のためにおいしいご飯を作りたくなった。「食べることは生きること」だと実感した。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部農政課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4939

nosei@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?