ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 農林水産部 農政課 > 食育シンポジウム~withコロナ社会の食を考える~をライブ配信開催します!

ここから本文です。

食育シンポジウム~withコロナ社会の食を考える~をライブ配信開催します!

毎年好評の「食育シンポジウム」、今年は以下のとおりインターネット上でライブ配信開催します!

今回は京都大学総長であり、霊長類研究の第一人者である山極壽一氏による「食の進化とコミュニケーション:ポストコロナの時代を見据えて」と題した基調講演、豪華パネリストをお迎えして「withコロナ社会の食を考える」をテーマにしたパネルディスカッションを行います。

withコロナ社会に向け、京都府における食育の取組みを一層深め、私達が生きるうえで欠かせない「食」改めて考える機会にしていただきたいと考えています。
皆様の食育実践への第一歩として、是非ご視聴ください!

開催日時

令和2年8月1日(土曜日)午後2時から午後3時30分まで

ライブ配信のため、時間が多少前後することがあります。ご了承ください。

配信URL

  • 本シンポジウムに関するアンケートに御回答頂いた方の中から抽選で10名に登壇者の著書をプレゼントします。詳細は上記ページをご覧ください。
配信:PR TIMES LIVE

内容

基調講演「食の進化とコミュニケーション:ポストコロナの時代を見据えて」

講師:山極 壽一(やまぎわ じゅいち)氏(京都大学総長)

<講師プロフィール  
講師写真(山極氏) 1952年、東京生まれ。京都大学理学部卒、同大学院理学研究科博士後期課程単位取得退学。
理学博士。カリソケ研究センター客員研究員、(財)日本モンキーセンター研究員、京都大学霊長類研究所助手を経て、京都大学大学院理学研究科教授。2014年より第26代京都大学総長。
アフリカ各地でゴリラの野外研究に従事。類人猿の行動や生態をもとに初期人類の生活を復元し、人類に特有な社会特徴の由来を探っている。主な著書に『ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」』(毎日新聞出版)、『スマホを捨てたい子どもたち』(ポプラ新書)など多数。

パネルディスカッション「withコロナ社会の食を考える」

コーディネーター:佐藤 洋一郎(さとう よういちろう)氏(京都府立大学文学部特別専任教授)

パネリスト(50音順):いしい しんじ氏(作家)

大原 千鶴(おおはら ちづる)氏(料理研究家)

松山 大耕(まつやま だいこう)氏(妙心寺退蔵院 副住職)

山極 壽一(やまぎわ じゅいち)氏(基調講演講師)

イベントちらし

食育シンポジウム2020ちらしイメージイベントちらし(クリックすると拡大表示されます)(PNG:2,342KB)

 

視聴費

無料

視聴にはインターネット環境が必要です。事前登録等不要。
視聴は無料ですが、インターネット接続に係る料金は視聴者負担となりますのでご了承ください。

主催

京都府、大阪ガス株式会社、きょうと食育ネットワーク

協力

京都府立大学京都和食文化研究センター、京都リサーチパーク株式会社

 

 

注※このシンポジウムは令和2年度食料産業・6次産業化交付金(地域での食育の推進事業)を活用しています。

 

お問い合わせ

農林水産部農政課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-432-6866

nosei@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?