ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 農林水産部 食の安心・安全推進課 > 平成27年度「食育のたね交付金」交付先募集のお知らせ~地域が連携して取り組む食育事業を資金面から応援します!~(第2次募集)

ここから本文です。

平成27年度「食育のたね交付金」交付先募集のお知らせ~地域が連携して取り組む食育事業を資金面から応援します!~(第2次募集)

京都府は、平成27年8月4日(火曜日)から、京都府内において、食育を実践する農業者や食文化の伝承者、学校・保護者等の食育実践者が連携して取り組む食育事業を募集します。審査の上、採択された事業に対しては、事業経費の1/2以内、7万5千円を上限とした「食育のたね交付金」を交付します。

1 交付金名

食育のたね交付金

(※食育のたね交付金実施要領(WORD:181KB)食育のたね交付金募集案内(第2次)(PDF:278KB) 、交付申請書記入例(PDF:232KB)はこちらからダウンロードできます。)

 

2 交付金額

上限7万5千円(事業経費の1/2以内)

 

3 交付事業数

20事業程度(※申請は1申請者につき、1事業、予算の範囲内で採択終了。)

 

4 募集期間

平成27年8月4日(火曜日)~平成28年1月29日(金曜日)必着

 

5 対象事業

  (事業実施期間)

 採択通知後で、平成27年8月上旬から平成28年2月までに実施する事業

(事業実施場所)

 京都府内で実施する事業(※先進地の視察等を除く。)

(テ ー マ)

  同交付金の採択にあたっては、以下の(1)~(3)の1つ以上の事項に該当する営利を目的としない食育の取組みを優先します。

  (1)若い世代(大学生・子育て世代)の取組のモデルとなる事業

  (例)*農家とNPOが連携し、親子向けの京野菜の種まきから収穫までの体験と、できた野菜を使った料理教室の開催など

 (2)職場食育の推進に結びつく事業

  (例)*社員食堂と郷土料理伝承グループが連携した社員向け健康ランチの提供 など

 (3)幼稚園・保育園を含む学校と連携した事業

  (例)*漁師と幼稚園が連携し、お魚手開き教室の開催 など

6 条件

  *3月に実施予定の事例報告会に出席し、交付金を活用した食育の取組み内容について報告願います。

 *常に情報共有を図るため、メールアドレスをお持ちの方は、食育メーリングリストへの登録をお願いします。

  (メーリングリストへの登録については、後日お知らせします。)

(食育メーリングリストの活用について)

 食育メーリングリスト登録者は、いつでも食育に関する情報を発信することが出来ます。また、その発信された情報を登録者全員で共有し、繋がりを作ることができます。

7 書類提出及び問い合わせ先

 

      事業実施地域

     書類の提出先

    京都府の担当窓口

各広域振興局所管区域内の場合

各市町村(※)

所管の広域振興局

乙訓地域の場合

各市町村(※)

食の安心・安全推進課

京都市域の場合

食の安心・安全推進課

複数の広域振興局等にまたがる場合

 (※)複数の市町村にまたがって事業を実施する場合は、京都府の担当窓口に直接提出してください。

8 その他

 (平成27年度の食育プラットフォームについて)

  「食育プラットフォーム」とは、食に対する熱い思いの方々が繋がり合うきっかけを作る場です。例えば、地元の郷土食伝承グループが食育メーリングリストでイベント案内をお知らせしたり、事例発表をすることによって、これまでつながりのなかったプラットフォームメンバーと繋がりが出来、より一層大きな郷土食を広めるイベント作りができる可能性があります。

 是非、食育プラットフォームを人と人とのつながりの場として活用していただきたいです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部食の安心・安全推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-5652

ファックス:075-414-4982

shokuanzen@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?