ホーム > 暮らし・環境 > 食生活・消費生活 > 食の安心・安全きょうと > 鳥インフルエンザ関係の調査結果

ここから本文です。

鳥インフルエンザ関係の調査結果

高病原性鳥インフルエンザモニタリング調査実施成績

 この検査は鶏への本病のまん延を防ぐために、「高病原性鳥インフルエンザに関する特定家畜伝染病防疫指針」(平成16年11月18日農林水産大臣公表)に基づき、本病の発生を迅速に発見する監視体制を常に整備し、本病の防疫措置を適切に実施するため、毎月1回1家畜保健衛生所当たり1農場(平成21年2月からは3農場)、1農場当たり6週齢以上の家きん10羽を対象に実施。


過去5年の抗体検査結果

年度

検査羽数

検査結果

平成21年度

1,370

全て陰性

平成22年度

1,350

全て陰性

平成23年度

1,370

全て陰性

平成24年度

1,430

全て陰性

平成25年度

1,440

全て陰性

 

 

過去5年のウイルス分離検査結果(気管・クロアカ※)

 年度

 検査羽数

 検査結果

 平成21年度

1,370

 全て陰性

 平成22年度

1,350

 全て陰性

 平成23年度

1,370

 全て陰性

 平成24年度

1,430

 全て陰性

平成25年度

1,440

全て陰性

 

  ※クロアカ:鳥類の排泄器官のこと。総排泄腔とも呼ばれる。

 サーベイランスの実施

 監視体制強化のため、千羽以上を飼養している全養鶏農家(四半期に1回)と100羽以上1000羽未満を飼養している全農家(年1回)を対象に、検査を実施。 


養鶏農家の検査について

過去5年の検査結果

  実施戸数 検査羽数 結果
平成21年度

230

2,300

全て陰性

平成22年度

219

2,190

全て陰性

平成23年度

209

2,090

全て陰性

平成24年度

197

1,970

全て陰性

平成25年度

186

1,860

全て陰性

 

検査材料

1農家10羽から血液を採取

検査方法

抗体検査

検査場所

中丹家畜保健衛生所

 


  • 現在とられている防疫措置は、鶏への本病のまん延を防ぐためのものです。
  • 鶏卵、鶏肉を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されていません。
  • 国内で鳥インフルエンザが発生したからといって、直ちに家庭等で飼育している鳥が感染するということはありません。

関連リンク

『食の安心・安全に関する京滋広域連携』

お問い合わせ

農林水産部食の安心・安全推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-5654

ファックス:075-414-4982

shokuanzen@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?