ホーム > 健康・福祉・人権 > 子ども・青少年 > 「一緒にしあわせ!学生ショート動画コンテスト」受賞作品が決定しました!

ここから本文です。

「一緒にしあわせ!学生ショート動画コンテスト」受賞作品が決定しました!

家庭の温かさや子育ての喜びを共有できる“子どもを育む文化”をオール京都で創り上げる府民運動の一環として、
若者ならではの目線から、結婚や子育てに前向きなメッセージを発信してもらう「一緒にしあわせ!学生ショート動画コンテスト」について、
応募作品の中から、各賞を決定しましたのでお知らせします。

受賞作品は特設ウェブサイトに掲載する他、地下鉄大型ビジョンでの放映をはじめとした様々な場面で活用していきます。

 ★特設ウェブサイトでは、受賞作品の他、各作品に対する審査員コメントを掲載しています。ぜひご覧ください。
   
https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/award2017.html(外部リンク)

最優秀賞 

作品タイトル 「帰ル場所」
エントリー名 秋鹿 祐貴(立命館大学)
作品内容

帰ル場所

喧嘩をしても何があっても、温かくいつも通り迎えてくれる母親が子供の『帰ル場所』になってほしいと夕焼けのもとで手をつなぐ親子の姿で表現した作品。

 優秀賞

 

作品タイトル 「1位じゃなくても」
エントリー名 同志社大学学生テレビ局(同志社大学)
作品内容 1位じゃなくてもお子さんから邪険に扱われ寂しい思いをしているお父さんが、そんな状況でもお子さんの喜ぶ顔が見たい一心で頑張る姿を絵を通じて表現した作品。

 

作品タイトル 「視線」
エントリー名 京都造形芸術大学(京都造形芸術大学)
作品内容

視線 一人で落ち込んでいる時、つい視線が下を向いてしまうが、そばに寄り添ってくれるパートナーがいるだけで、視線が前や上を向き、視野が広がるので、一人では狭くなりがちな世界も、二人なら広げることができるということを影で表現した作品。

 

★各作品は特設ウェブサイトでご覧いただけます。https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/award2017.html(外部リンク)

受賞作品を活用したキャンペーンについて

受賞された動画作品を様々な場面で活用し、結婚や子育てを応援するメッセージを発信するポジティブキャンペーンとして展開していきます。

<参考>コンテスト概要

  • 作品募集期間:平成29年7月10日(月曜)~9月29日(金曜)
  • 募集内容:「一緒にしあわせ部門」と「子育て部門」に分けて、パートナーがいることや子どもを生み育てることに
           前向きになれるメッセージを発信する30秒以内の動画作品を募集。
  • 参加対象:高校生、大学生、短期大学生、専門学校生 等
  • 詳細:https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/movie.html(外部リンク)

お問い合わせ

健康福祉部こども・青少年総合対策室(子育て環境推進担当)

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kodomo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?