ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 健康福祉部 こども総合対策課 > 「京都発!手紙(メール)でむすぶ家族ふれあい大賞」2018入賞作品および表彰式の開催について

ここから本文です。

「京都発!手紙(メール)でむすぶ家族ふれあい大賞」2018入賞作品および表彰式の開催について

報道発表日:平成31年2月19日

健康福祉部こども総合対策課
(075)414-4631

教育庁指導部社会教育課
(075)414-5886

京都府では、少子化や核家族化の進展などにより、家族関係が希薄化している昨今、家族に対する素直な気持ちを手紙によって伝えることで家族の絆を深めるため、「京都発!手紙(メール)でむすぶ家族ふれあい大賞」を平成15年度に創設しました。

これまで累計20,000件以上の応募があり、「気持ちを素直に綴ることができる」「ほのぼのした気持ちになった」などの声が寄せられています。

16回目を迎える今回は、全国から718点の応募があり、この度、受賞作品29作品を決定しました。

1 家族ふれあい大賞の受賞者

 

京都府知事賞

京都府教育委員会教育長賞

 小田中 準一(おだなか じゅんいち)
小田中 三津子(おだなか みつこ)
(夫と妻、千葉県)

池田 奏音(いけだ かなと)
池田 博子(いけだ ひろこ)
(子と母、福知山市)

下川路 大和(しもかわじ やまと)
 下川 路 實弘(しもかわじ さねひろ)
(孫と祖父(母)、向日市)

 山口 猛流(やまぐち たける)
山口 ほずみ(やまぐち)
(子と母、向日市)

 

注※他に、「家族むすびあい賞」として新聞社等(11社・団体)からそれぞれ表彰。
また、「ぽかぽかあったか家族賞」(2点)、「ピカピカ家族賞」(1点)、「兄妹っていいな賞」(1点)、「入選」(10点)を選出。

2 表彰式

(1)日時

平成31年3月17日(日曜日)13時30分~14時

(2)場所

京都府公館 レセプションホール

(3)授与者

京都府副知事 山内 修一 、京都府教育委員会教育長 橋本 幸三、
各新聞社・放送局等代表者

<参考>「京都発!手紙でむすぶ家族ふれあい大賞」2018の概要

  • 募集期間
    7月1日(日曜日)~10月22日(月曜日)
  • 応募数
    718点(京都府 590点(82.2%)、他都道府県 128点(17.8%(25都道府県)) 
    親子間 462件(64.4%)、兄弟姉妹間 164件(22.8%)、孫・祖父母間 58件(8.1%)、
    夫婦間 19件(2.6%)、その他 15件(2.1%)
  • 審査
    インターネットを通じた一般投票の結果を参考に、井上章一氏(国際日本文化研究センター教授)ほか13名の委員により優秀作品を選出
     
  • 主催
    京都府・京都府教育委員会
  • 後援
    総務省、厚生労働省、京都市、京都市教育委員会、京都府市町村教育委員会連合会、日本郵便株式会社京都中央郵便局、京都新聞、
    朝日新聞京都総局、毎日新聞京都支局、読売新聞京都総局、産経新聞社京都総局、日本経済新聞社京都支社、NHK京都放送局、
    KBS京都、エフエム京都、京都府旅館ホテル生活衛生同業組合
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部こども総合対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kodomo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?