ホーム > 京都の魅力・観光 > 府庁旧本館中庭の桜の命名について

ここから本文です。

府庁旧本館中庭の桜の命名について

平成22年3月2日
京都府府有資産活用課 
              (電話075-414-5435)


 府庁旧本館中庭には、円山公園の初代のしだれ桜の孫に当たるしだれ桜を始め、6本の桜があり、多くの府民の方に親しまれているところです。
 この度、桜守として活躍されている佐野藤右衛門(さの とうえもん)氏※の調査により、その桜の一つが大島桜と山桜の特徴を持つ、めずらしい品種ということが判明しました。
 つきましては、佐野藤右衛門氏に、この山桜について命名をお願いしましたところ、下記のとおり命名していただきましたのでお知らせします。
 また、案内板の除幕式を行いますので、併せて御案内いたします。
 ※佐野藤右衛門氏=桜守として全国的に有名な造園家。旧本館中庭中央のしだれ桜は氏によって植えられた。平成18年度京都府文化賞功労賞を受賞

1 桜の名前

  •  「容保桜(かたもりざくら)」
     京都府庁の敷地にはかつて京都守護職上屋敷があったことから、当時の守護職であった、會津藩主 松平容保(まつだいらかたもり)の名を取って「容保桜」(かたもりざくら)と命名されました。
     なお、命名にあたっては、松平家第14代当主 松平 保久(まつだいらもりひさ)氏及び京都會津会会長 森田嘉一(もりたよしかず)氏(京都外国語大学総長)の御了解を得ています。
     松平容保(まつだいらかたもり)は幕末、京都守護職として新選組を配下にし、京の治安を守っていたと言われています。

2 桜の形状

山桜が変異したもので、「山桜の遺伝子を持ちながら大島桜系の花の要素も出ている。」
「通常の山桜より大輪である。」(佐野藤右衛門氏)

3 案内板除幕式

(1) 日時

平成22年3月12日(金曜)午前10時30分~10時45分

(2) 場所

府庁旧本館中庭

4 案内板の規格

  形状:自立式案内板
  材質:京都府内産木材を使用しています。
  寸法:看板部 よこ 76cm、高さ 50cm(地上高120cm)、幅 8cm

5 設置場所等

お問い合わせ先
総務部府有資産活用課
電話 075-414-4044
FAX 075-414-5450
Eメール huyushisan@pref.kyoto.lg.jp

 

お問い合わせ

総務部府有資産活用課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-5433

ファックス:075-414-5450

huyushisan@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?