ホーム > 京都の魅力・観光 > 京都府庁旧本館「観桜祭」の開催について

ここから本文です。

京都府庁旧本館「観桜祭」の開催について

 

京都府と府庁旧本館利活用応援ネットでは、今年も京都府庁旧本館において、「観桜祭(かんおうさい)」を開催しますのでお知らせします。

 桜満開の旧本館で、府民協働による多彩な展示やイベントを楽しんでいただきます。

1名称

京都府庁旧本館「観桜祭(かんおうさい)」

2開催期間

平成30年3月24日(土曜日)~4月8日(日曜日)10時~17時

3会場

京都府庁旧本館(入場無料)
京都府庁アクセス地図

4主な内容

事業名

内   容

観桜会

・「祇園しだれ桜」や「容保桜」などの桜が明治期の建物を背景に咲き誇る旧本館中庭の公開

・中庭を舞台とした日本舞踊

屋  内 

展示体験

・明治150年や春にちなんだイラスト、切手の展示

・型友禅・西陣織・藍染の体験 

・高校生によるお茶席

・旧本館の写真展

野外彫刻展

・京都彫刻家協会会員による彫刻作品を旧本館前庭、中庭等で展示

府民協働による

 コンサート

・府民参加によるオペラ、和楽(筑前琵琶、琴・尺八・三味線)、コーラス、フォーク、オカリナ、ピアノなどによるコンサートやライブ演奏

福島県復興支援

・福島県復興・観光展、東北応援商品の物販

その他

・(特非)京都観光文化を考える会・都草による旧本館ガイドツアー

・府内の障がいのある方が働く施設で作られた「ほっとはあと製品」(手作りのパン・お菓子等)の販売や喫茶サービス

・ゆるキャラとのふれあいイベント  まゆまろ(府)・かみぎゅうくん(上京区役所)

・京都造園建設業協会による樹木剪定技術の実演

・農福連携マルシェの共催(3月24日、25日)

5主催

京都府、府庁旧本館利活用応援ネット(府庁旧本館の利活用や整備修復について、課題の解決や新たな協働につなげていくためのプラットフォーム)

6京都府庁旧本館の桜について

国の重要文化財である旧本館の建物に四方を囲われた中庭で咲き誇る6本の桜。

その中央にひときわ艶やかな姿を映すのが円山公園の初代「祇園しだれ桜」の孫にあたる実生木の枝垂れ桜。
風雪を経た不均一な厚みの窓ガラス越しに薄紅色の花びらが揺らぎます。

中庭南西に佇んでいるのは「容保桜(かたもりざくら)」。
この地がかつての京都守護職上屋敷跡であることにちなみ、松平容保公の名をとって桜守として知られる16代佐野藤右衛門氏により命名いただいた大島桜と山桜の特徴を併せ持つ珍しい品種です。

ここでしかあじわえない京都府庁旧本館の桜を見に是非お越しください。

旧本館中庭の桜紹介を紹介する動画

Youtubeにて御覧いただけます。(外部リンク)

 

 

旧本館祇園しだれ桜
(JPG:262KB)

衹園しだれ桜


(JPG:98KB)

容保桜(かたもりざくら)

 

 

 


(JPG:45KB)

窓ガラス越しに眺める祇園しだれ桜

写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

 


 

開催場所

会場名
京都府庁旧本館
会場住所
〒602-8570
京都市上京区下立売通新町西入ル薮ノ内町
電話番号
TEL:075-414-5435
FAX:075-414-5450
会場へのアクセス

•地下鉄
京都駅から市営地下鉄烏丸線「丸太町」下車、または二条駅から市営地下鉄東西線乗車、「烏丸御池」で烏丸線に乗換え、「丸太町」下車、徒歩10分
•市バス
三条京阪から10系統、京阪神宮丸太町から93系統、202系統、204系統、「府庁前」下車徒歩5分

お問い合わせ

府有資産活用課

TEL:075-414-5435
FAX:075-414-5450
Eメール:huyushisan@pref.kyoto.lg.jp

お問い合わせ

総務部府有資産活用課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5450

huyushisan@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?