ホーム > 京都の魅力・観光 > 京都府庁旧本館桜の開花状況について【開花情報更新中】

ここから本文です。

京都府庁旧本館桜の開花状況について【開花情報更新中】

※今年度の観桜祭は終了しました。御来場いただいた皆さまありがとうございました!

旧本館知事室・旧議場は火曜日~金曜日、第1、第3、第5土曜日の10時~17時に見学いただけます。

京都府庁旧本館には、円山公園初代しだれ桜の孫にあたる「祇園しだれ桜」、容保桜をはじめ6種7本の桜があります。

桜の開花状況について(平成30年4月9日現在)

写真の画像をクリックすると拡大した写真を見ることが出ます。

衹園しだれ(4月5日撮影) 紅一重しだれ桜 紅八重しだれ桜

祇園しだれ桜4月3日

祇園しだれ桜

 

 

 紅一重しだれ4月9日

 

紅一重しだれ4月9日アップ

 

紅八重しだれ桜4月9日

紅八重しだれ4月9日アップ

葉桜

散り始め

散り始め

 

 

大島桜

容保桜

(かたもりざくら)

はるか桜

 

大島桜4月6日

大島桜4月6日アップ

容保桜4月4日アップ

 容保桜葉桜

はるか桜4月6日

はるか桜4月9日

葉桜(3月23日開花)

葉桜(3月26日開花)

葉桜

 3月28日全景写真 満開時の中庭の様子(3月28日撮影)

京都府庁旧本館の桜について

国の重要文化財である旧本館の建物に四方を囲われた中庭で咲き誇る7本の桜。

その中央にひときわ艶やかな姿を映すのが円山公園の初代「祇園しだれ桜」の孫にあたる実生木の枝垂れ桜。
風雪を経た不均一な厚みの窓ガラス越しに薄紅色の花びらが揺らぎます。

中庭南西に佇んでいるのは「容保桜(かたもりざくら)」。
この地がかつての京都守護職上屋敷跡であることにちなみ、松平容保公の名をとって桜守として知られる16代佐野藤右衛門氏により命名いただいた大島桜と山桜の特徴を併せ持つ珍しい品種です。

ここでしかあじわえない京都府庁旧本館の桜を見に是非お越しください。

旧本館中庭の桜紹介を紹介する動画

Youtubeにて御覧いただけます。(外部リンク)

満開の祇園しだれ桜
(JPG:262KB)

衹園しだれ桜

容保桜

 

容保桜

(かたもりざくら)

 


(JPG:45KB)

窓ガラス越しに眺める祇園しだれ桜

写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

 


 

アクセス

京都府庁旧本館

〒602-8570
京都市上京区下立売通新町西入ル薮ノ内町
電話番号
TEL:075-414-5435
FAX:075-414-5450
会場へのアクセス

•地下鉄
京都駅から市営地下鉄烏丸線「丸太町」下車、または二条駅から市営地下鉄東西線乗車、「烏丸御池」で烏丸線に乗換え、「丸太町」下車、徒歩10分
•市バス
三条京阪から10系統、京阪神宮丸太町から93系統、202系統、204系統、「府庁前」下車徒歩5分

お問い合わせ

府有資産活用課

TEL:075-414-5435
FAX:075-414-5450
Eメール:huyushisan@pref.kyoto.lg.jp

お問い合わせ

総務部府有資産活用課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5450

huyushisan@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?