ここから本文です。

舞鶴白屋町・そばと笑顔の拠点「こもれび」

中丹マーク 「まいづる廿日(はつか)の市」も盛況!

<ぎゃらりー・喫茶 こもれび

まちあるき

居場所

まちの特産

こもれびメイン

舞鶴市白屋町で、みんなの笑顔の集まる「こもれび」は、一人ではできない耕作放棄地のそばづくり、みそ、こんにゃくづくりなど、楽しいこと、おもしろいことを探しながら、白屋地域の人たちと一緒に動いています。憩えるムード満点で、店内から地域の野菜畑、そば畑が見渡せて、こもれびに集まるみんなが健康で元気に過ごせるよう、お手伝いをしています。

平成27年10月にリニューアルオープンしました。手づくりがモットーで季節のものを取り入れた食事やスイーツを召し上がっていただけます。

毎月20日には「まいづる廿日(はつか)の市」を東舞鶴浜の海岸にある公園(しおじプラザ)で開催し、ものづくりする人たちを応援しています。自らの「かずら工芸」作品をはじめ、こもれびの店内でも、こだわりの工芸品・雑貨・(加工)食品を展示販売しています。音楽会や落語等のイベントも定期・不定期に開催しています。夜を味わう「夜カフエ」も定期開催しています。

こもれびつながり1

地域の中に溶け込むことを旨にしています。

灯り(かずら)も手作りです。

(代表・永井玲子さん)

こもれびつながり2

わたしたちが

作っています!

そば畑での作業後の風景です。

(白屋そばの会と有志の皆様)

こもれびつながり3

白屋そばの会で定期的に集いや体験教室を開催しています。

(代表 松岡さん)

こもれびから眺められる周辺の畑で新規就農の方や地域の方々が栽培した万願寺とうがらしやピクルスをお店で出させていただいています。就農をやってみたいという候補者の方も出てきています。
複数回実施した、そばの栽培やそば打ちのちーたび、各種イベント、教室の実施で確実に人のつながりが出来つつあります。地域で作った野菜をここで食べてもらったり、また、手づくりの工芸品や雑貨の展示販売もしていただけます。楽しいコラボをしましょう。
 
製品・サービス
こもれびイチオシ

◇   おまかせお昼ごはん  1,000円(税込)

地元の自然素材をふんだんに使ったお昼の定食をお出ししています。できるだけ予約がありがたいです。

(写真はイメージです。)

こもれびオススメ1

◇   シナモン茶(420円)、なつめ茶(420円)

販売もしています!

冷え症、風邪気味に効く等の本格薬膳茶もご用意しています。

こもれびオススメ2

◇  まいづる廿日の市

まいづる廿日(はつか)の市とは、何かを作ることの楽しさを見つけた人たちが、思いの品を持ち寄り作った人が販売する市で毎月20日に東舞鶴浜の海岸にある公園(しおじプラザ)で開催しています。陶器、竹細工、アパレル、アクセサリーなどに加え、苔たまや手作り野菜や飲み物までの幅広いラインナップで賑やかに開催しています。一度のぞいてみてください。

 


【ここで買えます!】

名称 ぎゃらりー・喫茶 こもれび
住所 京都府舞鶴市白屋町18-2
電話 0773-63-0058
営業時間 10:00~18:00
HP reiko@gallery-komorebi.com

 

 

 団体活動写真

こもれび団体1

こもれび団体2 

そば打ち体験教室とそば畑畝づくり

そんなこと出来るの?ということも皆で一緒にすれば

楽しく進む最近開催して、人気だった「へしこ」づくり

こもれび団体3

こもれび団体4

かずら工芸

癒えるムード満点のこもれび。

大きな窓からの地域の眺めが最高


 

ぎゃらりー・喫茶 こもれび
住所  京都府舞鶴市白屋町18-2
電話  0773-63-0058 FAX  
Mail  reiko@gallery-komorebi.com
代表  永井 玲子 担当  
HPほか

HP_アイコン(外部リンク)

FB(外部リンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策企画部企画参事(中部担当・府民協働担当)付

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4230

kikaku-chubu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?