ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都ちーびず(京都地域力ビジネス) > 地域力再生コラボカフェ 実施報告(府庁女子ちーびず応援事業、府民力推進課・地域力ビジネス課共催)

ここから本文です。

地域力再生コラボカフェ 実施報告(府庁女子ちーびず応援事業、府民力推進課・地域力ビジネス課共催)

  

    様々な分野で地域力再生活動を行う方々の交流とネットワークづくりを進める「地域力再生コラボカフェ」。
 
今回は、府民力推進課と地域力ビジネス課が共催し、「まちあるきで仕事をつくる」をテーマに有識者による講演会や“参加者目線でちーたびを考える”グループ意見交換会など地域活動を継続するための新たな仕組みづくりについて、みんなで考えるカフェを行った。 

知事講評 

山田知事講評

刀根氏 

刀根氏のお話

 

   意見交換   

 グループ別意見交換

トマトジュース

トマトジュース・ぶどうジュースの試飲(丹波みわ活性化協議会)

      

髪飾り

展示品(髪飾り あ・ぽいんと)

    ちーびず応援博説明

 ちーびず応援博説明(長友課長) 

実施状況

 日 時 平成27年10月13日(火) 13:00~16:10
 場 所 ルビノ京都堀川 地下1階 平安の間
 参加者 105名(NPO、企業、行政等)

内容

 ● 開会あいさつ(府民力推進課 鈴木課長)

 ● お話:「観光まちづくりが仕事になる“ほんまもん体験のすすめ”
      (中小機構 近畿 刀根 浩志氏) 

  ・観光には「ビジネスの視点」が必要。「価値と感動の物差し」であるお金は必ず受け取ること。
  ・対価を受け取るからには、ほんまもんガイド、ほんまもん体験が必要。
  ・「ほんまもん体験」の三つのルールとは、①準備・片付けは参加者にしてもらう ②体験中は手を出さない ③ありのままの評価を述べ、ほめすぎないこと。
  ・支援する地域ビジネスでは、観光ガイド業が本業の収入を上回っているものもあり、業界に好影響を及ぼしている。

 ● ちーびず応援博の説明(地域力ビジネス課 長友課長) 

 ● グループ意見交換発表(テーマ:「参加者目線でちーたびを考える」) 

   集客に悩む団体が多いため、「京都ちーびず応援博ガイドBook」から、参加(応援)したいちーたびを選んでグループディスカッションを行い、
   作り手でなく参加者側からちーたびを考えてもらった。

 <主な発表内容>
  ・何のために実施するのか、ストーリー性や付加価値などを分かりやすく表現することが必要。
  ・どんな人か知りたい、この人の話を聞いてみたいなど、ガイドに興味を持った。
  ・「世界に一つだけの…」のキャッチフレーズは、こころ惹かれる。
  ・何か一つ「イチオシ」として、アピールする。ターゲットは明確に。 

 ● 講評・閉会あいさつ(山田啓二 京都府知事) 

  ・観光は体験ツアーが人気。どういう人にどういうカタチで売るかを考える。キャッチが少々固いのでは。
  ・地域創生でも地域を元気にする地域力再生やちーびずは、これから脚光を浴びていく分野である。
  ・介護や買い物アシスト等、NPOや地域活動が今まで以上に社会に大事になってくる。
  ・行政は行政、ビジネスはビジネス、NPOはNPOで分かれているが、それをクロスオーバーして何か新しいことができないか考えてみて欲しい。
   みなさんが新しい局面を開くと考えている。

 ● アンケート感想から(抜粋)

  ・多種多様な意見を聞くことができ勉強になった。
  ・「ほんまもん」を伝えるという言葉に共感出来た。
  ・事業者と消費者双方の意見を聞くことができる機会があると面白いと思った
  ・試飲のトマトジュースは甘くてフルーツジュースのようだった。

 

案内及びちらし

 案内HP

 募集チラシ(PDF:650KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部地域力ビジネス課 ソーシャル・ビジネスセンター

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4865

ファックス:075-414-4230

chiibiz@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?