ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都ちーびず(京都地域力ビジネス) > 第15回 京都地域力ビジネス応援カフェ in 宮津・森のカフェ報告

ここから本文です。

第15回 京都地域力ビジネス応援カフェ in 宮津・森のカフェ報告

テーマ:京都ちーびず応援博への事業参画をしよう!

宮津応援カフェ集合写真

里波見バーガー

宮津応援カフェ紹介

                由良みかん         桑あめ

実施状況

 日  時 : 平成27年6月26日(金) 11:00~14:00
 場  所 : 府立海と星の見える丘公園内・森のカフェ(宮津市)
 参加者  : 26名
 出  展 : 試食3団体5品、特産品紹介2団体

内容

プレミアム商品券「京都ちーびず応援券」とタイアップして、地域力ビジネス(ちーびず)の集中的・効果的な推進を図る「京都ちーびず応援博」への事業エントリーについての意見交換。

試食等をしながら参加者の活動や事業紹介、3グループに分かれての意見交換が盛況で、ちーたび企画や商品コラボのアイデアが提案された。

◆主な活動発表

参加団体 活動内容・コラボ希望等
里波見カントリーフレンズ 4月から土・日にカフェ運営。試食に里波見産米粉、地魚フライの里波見バーガー、えのはのてんじゅくり、海藻うご、地魚のすり身揚げを提供。
由良みかん農家 これまで捨てていた間引きの摘果みかんを使って、新たな製品づくりに取り組みたい。皮もまるごと利用するため無農薬で竹酢液を活用。
京丹後ふるさと農園 無農薬の桑の葉を粉末にしてお茶にしている。青臭さがなく、飲みやすくしている。
丸仙株式会社 B反の丹後ちりめんを使ったボディタオルをつくることを蒲田ちーびず推進員と相談中。デザインなどのアドバイスが欲しい。
丹後天橋立ええもんおかみの会 よそから嫁に来た女将が集まって結成。天橋立知恵の餅店舗に併設して、丹後のええもんの生産から販売まで行える場づくりをしている。
与謝野町・後野区自治会 昨年、野田川を遡上するサケを観察するちーたびを実施。今年度も実施予定。
地酒工房・酒源 丹後12の酒蔵の地酒等を取りそろえて販売する専門店。仲間たちと麦焼酎づくりプロジェクトも実践中。宮津市須津地区のちーたびを予定
蜂蜜専門店 ドラート 京都市西陣でハチミツ専門店を経営。養蜂を通じて地域のつながりを持ちたい。丹後は魅力一杯もっと発信して欲しい。
その他参加者・・・蒲田ちーびず推進員、リフレかやの里、宮津エコツーリズム、中小企業診断士、府地域力ビジネス課・府民力推進課協働コーディネーター

 

【グループ意見交換会】

・特産品の提案
 無農薬みかんのハチミツ漬/色ステッチを入れた絹タオル/桑の葉入りのハチミツ・ヨーグルト等
・ちーたび・プレミアムちーたびの提案
 麦づくり体験・麦焼酎試飲/阿蘇海でのシーカヤック・ノルディックウォーク/自転車で丹後を周遊自転車で行く桑の葉摘み/(プレミアムちーたび)プレジャーボートで阿蘇海周遊
・仲間ができるとがんばれる。地域の食材が魅力的

中小企業診断士によるちーびずカフェ通信(外部リンク)

チラシ

 募集チラシ(PDF:567KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部地域力ビジネス課 ソーシャル・ビジネスセンター

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4230

chiibiz@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?