ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都ちーびず(京都地域力ビジネス) > 第23回 京都ちーびず応援カフェ in 醍醐 報告

ここから本文です。

第23回 京都ちーびず応援カフェ in 醍醐 報告

テーマ:京刺子の事業継続を考えよう

醍醐応援カフェ集合

醍醐応援カフェ刺子

醍醐応援カフェグループ

                        醍醐応援カフェ実演    醍醐応援カフェ試食

 

実施状況

 日  時 : 平成27年12月2日(水) 13:30~16:00
 場  所 : 端山ヶ丘団地自治会館(京都市山科区醍醐)
 参加者  : 21名

内容

府中小企業事業継続支援センターとタイアップし「事業継続を応援しよう」というテーマで開催。
袋物やタペストリーの京刺子キット製造販売事業者の事業継承を、つながりづくりが比較的得意なちーびず関係者が応援する企画。
京刺子のお話・実演の後、グループごとに意見交換。参加者から様々な知恵やアイデアが出され、持ち帰って検討してみたいという前向きな意見も出された。
ビジネス分野では人のつながりや広がりイベントは少なく、多様な人たちの交流が有意義との感想もいただいた。

◆主な活動発表

参加団体

活動内容・コラボ希望等

有限会社 布絵 大手通販の取引で京絵刺子キットの製造・販売。高齢で廃業を考えていたが、近年、特に東北の高齢女性のリピーターが増え、通販会社からも強い継続の依頼があり、今回府のセンターに事業継続の相談をされた。
着付け教室事業者 北区で開催。京刺子に興味あり
工房 ふわっとそら 亀岡の織物工房
保津あい研究所 藍染作家と地域グループ。京都の藍の種を入手し亀岡保津地区で栽培。「保津あい」で地域おこし実践中。
NPO法人 ふるさと保津 亀岡保津地域で特産品による地域おこし実践中。試食にさくらこめたまごを使ったプリン、他のNPOとのコラボで開発した黒豆コーヒー、保津産ゆずを使った飴を提供。
場とつながりラボ home's vi 対話を通じた人々の相互理解や関係性づくり事業に取り組むNPO
NPO法人 障害高齢者就労支援センター 亀岡でブルーベリー栽培を通じた障害者、高齢者の雇用事業を支援。
その他参加者・・・京都中小企業事業継続支援センター、京都産業21WEB情報発信事業者、中小企業診断士、堤ちーびず推進員、篠原ちーびず推進員、京都産業21、府ものづくり振興課、府地域力ビジネス課

【グループ意見交換会】

  • 作業は単純で簡単だが、「金型」の保存場所が必要である。
  • 仕事を京都市内とか特定しなくてもいいものなら、京都への移住者をターゲットにする方法はどうか。移住イベント等で売り込んでみるとか。
  • 本事業は現状では単独生活費としては少ない目だが、大手通販との取引は今後の商品提案で事業拡大の可能性も考えられるので価値があると思われる。
  • 事業継続の手法として、全作業工程をビデオで見えるカタチにして欲しい。資料とお話だけでは不明。それをYOU TUBEなどで発信し、学生や興味のある人に見てもらうという広がりも検討されたらどうか。時間に比較的余裕のあるママさん等で刺子に興味のある人は多くいる。

 【アンケート(抜粋)】

  • どのように作業されているか実際に見ることができて良かったです。
  • 伝統産業は残せるようにこのような機会は素晴らしいと思いました。
  • 素晴らしいマッチング活動だと思いました。
  • ちーびずで地域活動やまちづくりの可能性を広げていきましょう!
  • 知らなかった京刺子のことが知れてよかったです。

中小企業診断士によるちーびずカフェ通信(外部リンク) 

チラシ

 募集チラシ(PDF:601KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部地域力ビジネス課 ソーシャル・ビジネスセンター

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4865

ファックス:075-414-4230

chiibiz@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?