ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都ちーびず(京都地域力ビジネス) > 第34回 地域力ビジネス応援カフェ in 下京区まつばら 報告

ここから本文です。

第34回 地域力ビジネス応援カフェ in 下京区まつばら 報告

テーマ:商店街のあるまちで暮らしを楽しむ事業を考えてみよう

応援カフェ集合写真まつばら 

まつばらカフェ

まつばらカフェ全体 

まつばらCD  まつばら商店街  守田さん

 

実施状況

 日  時 : 平成28年6月16日(木) 12:30~15:30
 場  所 : 松原京極商店街内「ときじく」
 参加者  : 24名

内容

◆商店街女性たちが運営する「ときじく」(コミュニティカフェ)を「まちの拠点カフェ」にしたい
  ~「女性を集める」「女性が買う」「女性が活躍できる」~女性キーワードで企画を意見交換
「子育てママ」の子づれOKお茶会、保育見守り付き癒やしカルチャー教室、「高齢女性たち」には健康テーマのカフェ、「働く女子」には夕方から夜にかけてオシャレなちーびずワインバー等、シーンやニーズに合わせた企画提案。
◆ユニーク商店街~自分がおもしろいことをやってみよう、と~3年目
松原通は旧五条通。五条大橋と言えば義経と弁慶。拠点カフェの看板メニューは特別ブレンドの珈琲。浅煎りでスッキリ感のある「牛若」、ちょっと甘く深煎りの「弁慶」。夜のジャズライブ、商店街の唄CDも売れ行きも好調。女子目線のチャレンジにも期待大。
◆府内各地とタイアップした「ちーびずリレーマルシェ」でちーびずの拠点づくり
京都市のまちなか商店街とのコラボ、アピールで、商店街にも地域にも応援者やファンを作る工夫やシステムをつくりたい

【グループ意見交換会】

◯女性を集める

  • 女性が楽しめる→「食」 牛若丸コーヒーの物語にキュンときた。地域のたまり場が欲しい。
  • 女性はキレイなものが好き→花を飾る。
    高齢女性→「ほんまもん体験」に興味を持たれる(お茶の入れ方、和菓子づくり 等)
  • 子育てママと赤ちゃんが出かける場づくり。託児所が必要。元保育士がいる。みんなで見守ると安心
  • 子どもと一緒にご飯を食べる場所があればいい。

◯女性が買う

  • 商店街も8割は高齢女性。
  • 女性は安全、安心なものを買う。オーガニック商店街(オーガニックパン、オーガニックワイン等)
  • 働く女性が閉店後に注文品が受け取るシステム。夜も女性が安心して歩ける商店街。

◯女性が活躍できる

  • 子育て中にスキルアップができるようなセミナー(チラシ講座、写真の撮り方、歴女講座 等)
  • 商店街の奥さんたちのアイデア出し会

【アンケート(抜粋)】

  • 女性というターゲット設定だったので、井戸端会議的に自由に意見交換が出来た。他班の発表を後できいて、いろいろな視点からの意見が面白かった。
  • 商店街理事長が若くて意欲的。理事長もときじくも、厳しい中頑張っておられる様子が伝わった。
  • 活発に意見が出てよかったです。具体的な事例と案だけでなく責任を感じる発言が良かったです。
  • 地元の者だけでは出ない意見も活発に話され参考になった。

 

チラシ

 募集チラシ(PDF:803KB)

これまでの応援カフェ一覧はこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部地域力ビジネス課 ソーシャル・ビジネスセンター

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4230

chiibiz@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?