ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都ちーびず(京都地域力ビジネス) > 第35回 地域力ビジネス応援カフェ in かめおか 北町商店街 報告

ここから本文です。

第35回 地域力ビジネス応援カフェ in かめおか 北町商店街 報告

テーマ:亀岡のまちなか 北町商店街で遊ぶ、買う、便利をつくる!

北町集合写真

北町試食

商店街散策北町

トゥクトゥク

ガラス商品北町

意見交換北町

演奏北町

ゆびけしょう北町

 実施状況

 日  時 : 平成28年7月5日(火) 10:30~13:00
 場  所 : かめおか 北町商店街「楽々荘」
 参加者  : 29名

内容

◆トロッコ亀岡駅からトゥクトゥクタクシーで北町ミュージアム商店街へ
 亀岡のまちなかにある北町商店街は、商店が営むレトロ文具館やアール・ブリュット美術館、近代の洋館と日本庭園が堪能できる「楽々荘」など、地域の文化、歴史や遺産を生かした「ミュージアム商店街」。土日には、アジアンなトゥクトゥクタクシーを走らせて「銀座屋カフェ」でのおもてなしを、ちーびず手法で試行するチャレンジャーな商店街です。
◆商店街の女性たちが運営する交流スポット「銀座屋カフェ」でちーびずマルシェを提案
 意欲的商店街とのコラボを期待し、ママたちの手づくり市の団体、チョロギ、かめまる芋、きく芋等それぞれの地域で特産品づくりに励む団体からのコラボ提案。ミニ演奏会で音楽コラボの提案もあり。
◆亀岡のアート作家たちの活動拠点に、ぜひ空き店舗活用を。見せる、体験してもらう!
 ガラスや藍染め等、亀岡にはアート作家が多く活動しているが、小規模でなかなか工房までは持てない。空き店舗を活用できるなら、共同工房で見せたり体験してもらいたい。ミュージアム商店街にぜひ参加したい。

主な参加団体

活動内容・コラボ希望等

NPO法人亀岡子育てネットワーク(わくわくバスケット) NPOの拠点でママたちの手づくり市を毎月開催。休日開催や多世代へも広くアピールして仕事づくりにつなげたい意向。コラボ開催を提案。
NPO法人 チョロギ村 亀岡市神前(こうざき)地域は少子高齢化。チョロギを耕作放棄地で栽培し地域産業おこしに取り組んでいる。まちなか商店街とコラボしたい。
亀岡 発 平成”ヨメ”学 亀岡の過疎化地域。きく芋栽培と商品開発で地域産業づくり中。亀岡の特産を目指している。
特産物を考える会 学園大学とコラボし、かめまる芋を栽培して販売。亀岡の特産物にしようと地域で盛り上げ、活動をしている。
Glass Studio Calore(ガラス工房) 亀岡市保津町吹きガラス体験をメインにし、作品制作や教室を開催。亀岡には多くの作家や新しいカフェが増えている。ぜひ商店街とコラボしたい。
京北商工会女性部 京都市右京区京北地域で「森の京都」を盛り上げ、訪れる人を増やしたい意向。次回、ちーびず応援カフェを予定している。森の京都つながり。
kyokuge(ゆび化粧布) 文化ベンチャー受賞。京都発の化粧道具。指にはめるだけでメイクアップ道具になる「ゆびけしょうぬの」を西陣コラボで開発販売。もっと知ってもらいたい。
フルーチェ フルート、チェロで演奏活動を行っている。主な活動場所は亀岡市を中心に京都、大阪、兵庫など。呼ばれたら行くのでいろんな方や場所とコラボしたい。
その他参加者・・・中小企業診断士、藤崎・竹嶋・田中・秋田ちーびず推進員、商店街創生センター、府商業・経営支援課、府地域力ビジネス課

【グループ意見交換会】

◯トゥクトゥクタクシーをもっと活用して遊ぶ。子どもも喜ぶ。平日運行への拡大。

  • 高齢者の送迎。食事や商店街での買い物などにつなげる。
  • 甲冑を着て乗るとか、外国人をターゲットに考えてみる 等 

◯亀岡のアート活動の拠点に。「ミュージアム商店街」の強化とアピール

  • 吹きガラス体験も徐々に人気。アート作家の見せる工房と体験会でゆっくり滞在。
  • 音楽とのコラボ。着物文化の発信。着付けと商店街そぞろ歩き、撮影会

◯地元人を巻き込む。亀岡人の商店街。コラボマルシェやお話会

  • 元気な近所のシニア層をガイドに来てもらう。チョロギ村では生活を楽しむ落語会が人気。
  • 子育てママのマルシェチームとのコラボマルシェ。チョロギ等の地域起こし品も集結。
  • 北町商店街の歴史・ブランドとコラボし、みんなでアピールしよう。

【アンケート(抜粋)】

  • 北町商店街のことを初めて知った。茶狂い会があるそうで面白そう。ゆっくり見せてもらって歴史を感じた。
  • 北町商店街は、「ちーびず」の対象として非常に可能性があると思う。
  • ターゲットを地域中心に考える事も一案だし、観光の方に立ち寄ってもらって、体験型やアートや特産品を見せることも考えて行くのが良いということに納得です。マップを作って紹介することも重要
  • 地域で小さなビジネスであってもコラボしていけばいろんな可能性が広がると思う。

  中小企業診断士によるちーびずカフェ通信(外部リンク) 

チラシ

 募集チラシ(PDF:941KB)

これまでの応援カフェ一覧はこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部地域力ビジネス課 ソーシャル・ビジネスセンター

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4865

ファックス:075-414-4230

chiibiz@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?