ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都ちーびず(京都地域力ビジネス) > 第39回 地域力ビジネス応援カフェ in リフレかやの里 報告

ここから本文です。

第39回 地域力ビジネス応援カフェ in リフレかやの里 報告

テーマ:”丹後”で着物を着る・着物を売る

ドリッコ丹後全体

ドリッコ丹後舞い

ドリッコ丹後岩崎

ドリッコ丹後着付け

ドリッコ丹後意見交換

ドリッコ丹後着物

実施状況

 日  時 : 平成28年8月1日(月) 13:00~16:00
 場  所 : リフレかやの里
 参加者  : 30名

内容

◆三部式の振袖で踊りを披露。丹後ちりめんアピールの新たな提案
 2020年「丹後ちりめん創業300年」の節目を迎える丹後地域が、女性たちの着る側からの発想「着やすい、動きやすい、疲れない」で考案された三部式の着物で和装文化を推進するNPOとタイアップ。まずは地元が楽しく着物の着用をと、振袖で踊りを披露したあと三部式を着付け体験。
◆襟がきれいに抜ける、動き回っても着崩れしない、着崩れが自分で簡単に直せる
 丹後小町踊り子隊の楽しそうで軽快な踊りに感激。試着用着物はデザインが可愛く今風。試着体験した女子たちからは、軽くて動きやすい、疲れない、レンタルして欲しい等の感想。今後に向けて手応えあり。
◆三部式着物や伝統の着物、絹や化繊の丹後ちりめん、使い分けながら地元から着物文化をつなげる
 着付け教室等丹後の着物関係者を中心に、やはり地元丹後の人たちが着物を着てしっかりPRすることが重要で、着物は場面に応じて使い分ければ良い。その他、丹鉄のきもの列車や音楽ときもののコラボ等のイベント案、男性への普及等活発にアイデアが出された。

主な参加団体

活動内容・コラボ希望等

NPO法人京小町踊り子隊 振袖踊りの実演等で観光PRや若い女子たちへの和装文化振興に取り組む。5分で着られるオリジナル着物の開発販売(京都市拠点)
丹後小町踊り子隊 ふるさと丹後・丹後ちりめんのPRを目的に24年に結成。丹後の未来を担う女性たちが若さ溢れる着物パフォーマンスを披露
京丹後市商工会女性部 NPOと協力し丹後の和装振興。丹後小町踊り子隊活動を支える。
丸仙株式会社 地元のちーびずコラボにより、大きな凸凹「鬼しぼ」の丹後ちりめん風呂敷地で浴用タオル「ちりめん美人」を開発販売。
丹後織物工業組合 丹後ちりめんの組合員への技術指導、商品の加工・検査を実施。最近は精練のときにちりめんから出るセリシンを使った化粧品の開発も。
京都丹後鉄道 平成27年4月にKTRから鉄道運行を引き継ぎ、地域に密着した鉄道事業を目指す。丹後ちりめんを取り入れた企画列車を考えたい。
温古里(ほっこり) 京丹後市弥栄町野間で築180年の古民家を改装した1棟貸し切りの農家民泊を営む。
その他丹後きものセンター、cocoya康幸家等の着物関連事業者や着付け教室の講師さん・着物愛好家たち複数名、さらに、岸田農園、丹後ふるさと農園等の丹後地域事業者、中小企業診断士、ちーびず推進員、府丹後広域振興局・地域力ビジネス課 等

【グループ意見交換会】

◯三部式の着物も選択肢の一つとして認めて、前向きな活用を検討

  • 着付け教室の講師たちからは、「伝統的な着物文化を推進したいが現実は困難。三部式も1つの選択肢として認め、例えば和装への入り口して若者にアピールする等、共存して和装文化を繋ぎたい
  • 可愛いとか着て楽しみたいオシャレな柄の着物なら、三部式レンタル。
  • 三部式は動きやすい、しんどくない。化繊素材だとお手入れも簡単。気軽な着用で着物アピール
  • 旅館スタッフが作務衣でなく三部式で着物をアピールとか、丹後住民自身のアピール用として活用

◯着物で楽しむイベントをつくる

  • 丹鉄でのお座敷列車や停車駅での着付体験、古い着物の着物供養ツアー など
  • クルーズ船マルシェでの着付けショー等インバウンドや海外向けの発信
  • 男性ターゲット、男女ペア着物、観光地での写真撮影や音楽コラボイベントの企画 等

【アンケート(抜粋)】

  • 三部式振袖の踊りがとても良かった(複数あり)。三部式着物との出会いが本当に良かった。
  • 着付けの先生が多く参加されているなかで、三部式もアリだと言ってもらえたのはとてもありがたい。
  • 着物が気軽に着られてうれしい。

中小企業診断士によるちーびずカフェ通信(外部リンク) 

チラシ

 募集チラシ(PDF:868KB)

これまでの応援カフェ一覧はこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部地域力ビジネス課 ソーシャル・ビジネスセンター

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4865

ファックス:075-414-4230

chiibiz@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?