ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都ちーびず(京都地域力ビジネス) > 第41回 地域力ビジネス応援カフェ in 南丹市くちうど(口人)の郷 報告

ここから本文です。

第41回 地域力ビジネス応援カフェ in 南丹市くちうど(口人)の郷 報告

テーマ:里山の古民家カフェから発信!地元のとれたて野菜と素敵アート

道の途中集合

道の途中ランチ

道の途中

道の途中3

道の途中野菜販売

道の途中2 道の途中4

実施状況

 日  時 : 平成28年9月5日(月) 11:00~14:00
 場  所 : ギャラリーカフェ 道の途中
 参加者  : 29名

内容

◆地域のおいしい新鮮野菜ランチが大人気!プラス素敵なアートで、古民家の再生と地域振興!
伏見の夫婦が2012年1月にオープン。大型古民家の非日常を感じる空間は、癒やしを求める人や、作品を展示したい作家に人気。他地域の人間を快く受け入れ、折に触れ運営やつながりづくりに協力いただく地元くちうどの方々に感謝しつつ、カフェを人が人を呼ぶ地域の拠点にするアイデア出しと意見交換。
◆地元野菜と農家、また作家たちのアピール場として活用を。地元の方たちにももっと活用して欲しい。
食べる“ほおずき”や赤蕪“レッドドラゴン”等のあまり知られていない地元野菜の魅力を発信するイベントや、カフェ周辺の散策マップづくり、作品だけでなく作家自身にスポットをあてた企画展など、地元の方や作家の活躍につながる企画の展開に期待する声が多くあった。
外からのお客さんが多いカフェだが、これらの意見を踏まえて、情報が集まり地元の方たちも利用しやすいイベントも、今後企画していきたい。

主な参加団体

活動内容・コラボ希望等

くちうどの郷メンバー 高齢化の進む口人地域をなんとかしようと、平成22年に組織されたグループ。毎週第1・第3日曜日にはメンバーが力を合わせ、ぬくもりある野菜市を開催。
彫刻家(石ころランプ等) 店内のいたるところに展示された石ころランプの作家。右京区を拠点に樹脂で石ころランプを制作。道の途中で展示販売を行う。
木工房OKA(木工家) 亀岡市曽我部町のアトリエを拠点に、主に家具等の大物の木製品を制作。28年3月には道の途中でつながった作家らで参加型の展示会を開催。
琉球ヴァイオリン ヴァイパー奏者 沖縄に生まれ育ち、10年前に口人区に移住したプロの演奏家。地域への感謝の気持ちから毎週第2木曜日に道の途中で定例ライブを開催。
Dans la forét(ダン ラ フォレ)雑貨店 京丹波町中台でフレンチスタイル雑貨店を営業。28年10月にこだわりのセレクト雑貨とともに手作りパンと地元野菜のランチを提供するカフェをオープン予定。
絵夢(陶芸家・亀京窯) 自作の穴窯(亀京窯)で地元亀岡の土で陶器を制作。陶芸教室開催等。
こどもアトリエてくてく(造形教室) 亀岡市篠町で陶芸を中心に造形教室を運営。子どもの考える力を育てている。
Glass Studio Calore(ガラス工房) 亀岡市保津町で硝子作品制作や吹きガラス体験教室を開催。
山城就労支援事業所さんんさん山城 障がい者の就労・社会参加支援として、山城地域の特産品づくりに取り組む。
(その他参加者)、地元の農家や作家・芸術家の方々、南丹市商工会女性部、京丹波町商工会女性部、中小企業診断士、ちーびず推進員、府地域力ビジネス課

【グループ意見交換会】

◯アーティストの集まる拠点として

  • 素敵なアートに出会える場として、また作家同士をつなげる場として、大型古民家の空間を活かした企画
    展の定期的開催など、口人区に外から人を集めるさらなる工夫と、それを地元に還元する工夫を。
  • 各作家の人となりの紹介とともに作品を展示するなど、各作家の活躍のきっかけとなる企画を。
  • お店の器を作家の陶器作品にするなど、作家の作品展示とカフェランチとのコラボレーションも。

◯くちうどの郷の魅力発信拠点として

  • カフェ周辺の散策マップ作成(地元の方の顔写真・季節ごとの農産物やおススメスポットの等掲載)
  • “生で食べられる まぼろしの野菜”などのキャッチコピーで口人の野菜をPRするようなイベント

◯地域の方が活躍する場として

  • 地元の農家から野菜の美味しい食べ方を直接教えてもらえるような食育イベント。
  • 外からのお客さんが多い中、地元の方に愛されるカフェになるよう、地元の方を対象としたイベントも検討しては。

【アンケート(抜粋)】

  • 地域の野菜をふんだんに使い、彩りもきれいで素敵。地域のみんなを巻き込む動きが温かくいい雰囲気。
  • 色々な意見を聞けて、地元をますます盛り上げたいと思った。少しずつ小さな事から進めていきたい
  • 作品制作の日々の中、作家は売ることに疎い人が多いので、そういったサポート等もお願いしたい。

中小企業診断士によるちーびずカフェ通信(外部リンク) 

チラシ

 募集チラシ(PDF:841KB)

これまでの応援カフェ一覧はこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部地域力ビジネス課 ソーシャル・ビジネスセンター

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4865

ファックス:075-414-4230

chiibiz@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?