ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都ちーびず(京都地域力ビジネス) > 第42回 地域力ビジネス応援カフェ in 久美浜 みんなのふる里 報告

ここから本文です。

第42回 地域力ビジネス応援カフェ in 久美浜 みんなのふる里 報告

テーマ:食や見守りなど、地域を支えるビジネスメニューを考える!

久美浜応援カフェ集合

久美浜応援カフェ試食

久美浜応援カフェ意見交換

久美浜応援カフェ食事     久美浜応援カフェ外観     久美浜応援カフェ代表

実施状況

 日  時 : 平成28年10月3日(月) 11:00~14:00
 場  所 : みんなのふる里
 参加者  : 26名

内容

◆地域生活サポートのビジネスモデルを目指して 配食&拠点カフェ
2016年8月にオープンした京丹後市久美浜町友重地域のコミュニティカフェ「みんなの古里」。地元のお年寄り向けの配食サービスも同時にスタート。地元産の米や野菜にこだわりつつ、食堂としても妥協しないメニューで顧客をつかみ、昼営業と10食ほどの配食で現時点で収支トントン状態。目標の配食30食と地元雇用者の時給倍増を達成し、ビジネスモデルとしての普及に努めたいとの意向。
◆「心」を届ける配食サービス
サービスを受ける側と提供する側には、バランスが必要。老後に役に立つ資産は「物」でなくて「心」。働く側の人にはしっかりと給料を払って、質の高いサービスを提供してもらいたい。
◆子育てママとのタイアップや、地域の伝統的食文化継承の場として期待
食堂横の空きスペース活用。健康体操や一時保育等、子育てや多世代交流の場として活用するアイデアや、味噌・麹など地域の伝統的な発酵食品普及のアイデア等、活発な意見交換が行われた。

主な参加団体

活動内容・コラボ希望等

丹後ジャージー牧場 ミルク工房そら 久美浜にて夫妻で13年前から牧場・工房を経営。ホンモノにこだわる搾りたてのジャージー牛乳を使ったアイス、チーズ、バターなどの乳製品は地元でも人気。
NPO法人エコネット丹後 網野で使用済み天ぷら油の回収などの環境活動とともに、地域の環境を豊かにするため、まちづくりや子育て相談など幅広く活動中。
認定NPO法人ブルーシー阿蘇 コンセプトはおいしい野菜を食べて美しい阿蘇海を。生ゴミ肥料によるエコな有機野菜の栽培で、高齢者雇用と健康づくり。野菜活用の食堂や配食コラボを検討中。
ふるさと未来ステーション月庭 夕日ヶ浦木津温泉駅前に拠点を置くコミュニティスペース。開業を目指す若者たちのためのシェアオフィス、1,000円ランチを提供する「カフェ新月」、マンスリーイベントスペースなど地域の人たちが交流できる場所となっている。
設計事務所blueto 網野で今年から設計事務所を開業。空き家リフォームを積極的に行い、すでに10数軒の再生を手がけている。
久美浜苑くまのの里 久美浜にある地域密着型の介護福祉施設。認知症サポートのためのコミュニティカフェや地域高齢者の居場所づくりのためのサロン活動も実施。
(その他参加者)、社会福祉協議会久美浜支所、京丹後市シルバー人材センター、宮津市シルバー人材センター、京丹後市地域包括支援センター、宝勝寺住職、中小企業診断士、ちーびず推進員、府地域力ビジネス課

【グループ意見交換会】

◯配食弁当の工夫について

  • 地域野菜や米油なども活用し、安心・安全にこだわった食材の活用がうれしい。
  • 配食弁当を頼む人の事情や生活にあったサービスを提供する。
  • 夕食サービスや配達範囲拡大の希望は多いが、第一目標をクリアしてから検討したい意向。
  • 地域の人たちが集まり、食事をしながら交流するために弁当を活用する、ことにもつなげられる。

◯食堂の工夫について

  • サービスを提供する人、受ける人が高い意識を持つ。原価を下げるのではなく、質の高い食事を提供する。
  • 獣害対策としての「鹿カレー」など、ここでしか味わえないものを作る。
  • 曜日によってバイキングなども取り入れ、お客さんがどんなメニューを求めているのかを探る。

◯空きスペースの活用について

  • 子育て世代のママたちが集まれる場所に。土間ではなく座敷も検討して欲しい。
  • 発酵食品や布草履など地域の伝統を伝えるイベントやモノ作り。
  • 定休日や夜などの有効活用。地域振興グループや事業者に、会員制のレンタルスペースとして貸し出す。

【アンケート(抜粋)】

  • 「みんなのふる里」の継続するための経済を常に考えて、質の高いサービスを目標とされている点に共感。
  • スタッフのやる気、元気をすごく感じた。シルバーの働き方を考えていきたいと思った

中小企業診断士によるちーびずカフェ通信(外部リンク) 

チラシ

 募集チラシ(PDF:894KB)

これまでの応援カフェ一覧はこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部地域力ビジネス課 ソーシャル・ビジネスセンター

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4865

ファックス:075-414-4230

chiibiz@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?