ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都ちーびず(京都地域力ビジネス) > 第43回 地域力ビジネス応援カフェ in 西舞鶴 報告

ここから本文です。

第43回 地域力ビジネス応援カフェ in 西舞鶴 報告

テーマ:舞鶴driccoプロジェクト始動!3部式着物で女性が輝く地域力ビジネス

西舞鶴応援カフェ集合

西舞鶴応援カフェ着付け

西舞鶴応援カフェ意見交換

西舞鶴応援カフェ着付け     西舞鶴応援カフェ説明   dricco

実施状況

 日  時 : 平成28年10月28日(金) 13:00~16:00
 場  所 : FLAT+(フラットプラス)
 参加者  : 31名

内容

◆3部式driccoきもの~舞鶴で女性が輝くちーびずプロジェクト始動
 5分で着れるオリジナル“dricco(ドリッコ)きもの”で、まちおこし、人おこし、着物おこしに取り組む、NPO法人京小町踊り子隊の全面協力を得て、女性たち中心に「舞鶴小町踊り子隊」募集開始。初回の踊り練習会には、様々な年齢層の女性たちが結集。

◆「着姿の美しさ」「洋服感覚で着られる」「お手入れ簡単」なdriccoきもの紹介・体験
 応援カフェでは、NPO法人の岩崎代表から、driccoプロジェクトの紹介、振り袖踊りDVD上映のあと試着体験。参加女性はみな興味津々で試着。簡単、早い、アクティブ感に感動して盛り上がる女性陣の一方で、唖然として見ている男性陣。この温度差を踏まえつつ、今後の展開やターゲット検討が必要になる。

◆京都の海の玄関口として、新しい舞鶴の魅力づくり
 舞鶴以外の周辺地域の女性参加も多く、クルーズ乗船客へのきものレンタルだけでなく、丹後が一丸となったJRや丹鉄きもの列車、丹後きもの体験・まちあるき、きものステーション、事業所のユニフォームをdriccoに等、男性も含めて盛況な意見交換となった。

主な参加団体

活動内容・コラボ希望等

NPO法人法人京小町踊り子隊 エネルギッシュな振り袖踊りを通して、和装振興、京都文化発信活動を国内外で展開。2013年から3部式のオリジナル着物を開発。京都市に拠点dricco salon(ドリッコ・サロン)を設置し、丹後ちりめん等ともタイアップしながら、京都全域で着物文化推進中。
舞鶴小町踊り子隊 準備会 NPO法人京小町踊り子隊の全面協力を受けて、簡単キレイなdriccoきものを、舞鶴女性たちが地域づくりのツールとして活用しながら、京都の着物文化推進にもつなげようと結成を目指す団体。
舞鶴商工振興会 西舞鶴商店街の賑わいづくり実践。クルーズ船おもてなし事業等にも取り組む
FMまいづる 舞鶴市民による舞鶴市民のための舞鶴コミュニティFM
しまとう 西舞鶴平野屋商店街の創業365年の呉服屋さん
スタジオバンガード 西舞鶴平野屋商店街の地域に密着した写真屋さん
すとろべりいあいすバラ園 舞鶴で、1100種のバラ園にカフェを併設。薔薇を通じた地域づくりや魅力を発信
和生活はおり 与謝野町岩滝で、着物や小物の展示やワークショップ、体験サロン等を開催
みやづまちなか案内人 まちあるきで宮津の魅力を伝えるアテンダント。3部式着物のまちあるきに興味あり
(その他参加者)舞鶴及び周辺地域の事業者、舞鶴市会議員、舞鶴市産業振興課・国際交流課・観光商業課、中丹広域振興局商工労働観光室、中小企業診断士、ちーびず推進員、府地域力ビジネス課 等

【グループ意見交換会】

◯観光振興アイデア

  • 宮津、舞鶴、与謝野、京丹後みんな一緒に、ドリッコ着物で盛り上がりをつくれれば。JR、丹鉄、まちあるき等
  • クルーズ待ちのコンテンツとして 写真撮影→SNS→拡散
  • 男性きものとのペアレンタル、きもの着用の特典を設ける

◯地元での活用アイデア

  • ユニフォームとして利用。動きやすさを利用する。緑茶カフェやクルーズ船でのおもてなし等

◯体制づくりの必要性

  • 丹後小町踊り子隊も、コアメンバーが検討を重ねてできあがった。舞鶴プロジェクトも事務局体制をしっかりつくる必要がある。クルーズ船の貸し出しや商店会とのタイアップも事務局体制がないと始まらない。 

【アンケート(抜粋)】

  • ドリッコ着物はキモノのポイント(襟、お端折り等々)を押さえていて、かつ自分でも簡単に着れることができ、しかも来ていてラクと目から鱗でした。→これを活かして気軽にキモノを着る文化を広げられると思う。=洋服感覚でキモノを着る(しかもその伝統的なカタチを崩さず)というのは新しい視点。
  • 自分の想いを自由に語り合う場として大変有意義だと思います。

中小企業診断士によるちーびずカフェ通信(外部リンク) 

チラシ

 募集チラシ(PDF:863KB)

これまでの応援カフェ 一覧ページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部地域力ビジネス課 ソーシャル・ビジネスセンター

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4865

ファックス:075-414-4230

chiibiz@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?