ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都ちーびず(京都地域力ビジネス) > 第45回 地域力ビジネス防災応援カフェ in 京丹波 味夢の里 報告

ここから本文です。

第45回 地域力ビジネス防災応援カフェ in 京丹波 味夢の里 報告

 京都府では、ビジネス的手法により新しい仕事や働き方を生み出して、自分たちの手で地域課題を解決し地域づくりを継続する京都ちーびず(地域力ビジネス)を推進しています。
 応援カフェは、ちーびずを目指すみなさんが、交流しながら、ブラッシュアップや新しく楽しいコラボをつくり出すための場です。
 今回は、ちーびずで楽しく続けられる防災活動について、情報交換やアイデアを出す応援カフェを開催しました。
 募集チラシ(PDF:1,458KB)

実施報告

集合写真

試食BBQ

森本さん

試食かぼちゃ

植木さん  ボランティア協会  意見交換

概要

 日  時 : 平成28年12月2日(金) 13:00~16:00
 場  所 : 道の駅「京丹波 味夢の里」ミーティングルーム・上屋(交流広場)
 テ ー マ  : ビジネス的手法で継続する楽しい防災活動を考えよう
 参 加 者 : 31名

団体名

活動内容・コラボ希望等

京都BBQ協会 楽しくて継続でき、地域のコミュニティづくりにもつながる防災BBQを提案
株式会社 カスタネット サイト「そなえる.com」で、マルチポンチョや簡易トイレなどの日常でも役立つ防災グッズを紹介
株式会社 DIY STYLE 避難所等で活躍するクッション性・断熱性のある床用シート“ゆうさいくんの籠城シート”を開発
NPO法人国際ボランティア学生協会 国際協力、環境保護、地域活性化、災害救援の4つの分野で国内外で活動
京都府 るり渓少年自然の家 防災という視点からアウトドア体験を親子で楽しめる防災キャンプを毎年実施
亀岡地区東部自治会 地域での防災訓練やハザードマップづくりに取り組む
重利の山を守る会 住宅近くの山を地域で整備し、広場やピザ釜を作成。ピザ釜は災害時の活用も計画中
竹野活性化委員会 地域の高齢者のコミュニティサロンを毎週木曜に開催。約60人が集まる人気のサロン
(その他参加者)そねっと、美山綿復活プロジェクト、中小企業診断士、ちーびず推進員、府地域力ビジネス課 等

◆防災BBQ(バーベキュー)で若者との防災コミュニティづくり(京都BBQ協会 会長 森本 隆 さん)
 高齢化しつつある地域防災活動。若者の参加とコミュニティ形成、防災活動の楽しい継続のために、防災BBQを提案。ポリ袋クッキングは、アレルギーの方への食対応にも有効。
◆重さ70グラムでいつでも、どこでもプライバシー、防災グッズ「マルチポンチョ」((株)カスタネット社長 植木 力 さん)
 防災は先人たちから伝わる生き残るための知恵。防災グッズは日常に使えるものが効果的。被災地で一番困ったものは「飲み水・トイレ・プライバシー」との聞き取りから、マルチポンチョを開発。防寒・目隠し・プライバシー確保等。ブルーシートは、厚手のものを選んで、との訴えも。
◆避難所の自主運営と予防防災のススメ(NPO法人国際ボランティア学生協会)
 避難所は地域での自主運営が重要(体を動かすことでエコノミー症候群の予防にも)。防災訓練は「対応防災」が多いが、「予防防災」で生き残るための技をぜひ身につけて欲しい。
◆防災活動の敷居を下げて広げよう!
 忘れた頃にやってくる災害。暮らす地域で、若者もお年寄りも常日頃からの地域コミュニティーの形成は最重要。肩肘張らず、誰もが楽しんで継続できる防災BBQ等で、ぜひ、地域コミュニティの形成をしてほしい。

グループ意見交換会(主な意見)

◯防災活動に多世代の力を取り込む

  • 「防災=まちづくり」。誰かだけががんばるのではなく、みんなで取り組むことが必要
  • 元気な若者の力やおばあちゃんの知恵を地域防災の活動に取り込むため、敷居を下げた防災イベント等も良いのでは。

◯楽しいイベント企画のアイディア

  • 家族で協力して自然とサバイバル経験ができる「防災キャンプ」
  • 地域コミュニティづくりのため、毎月テーマを変えてBBQを開催(防災のお話も取り入れて)
  • 災害時に役立つBBQ技術をお料理教室風のイベントで発信

◯地域の既存のイベントに防災啓発の内容をふくめてみる

  • 地域の運動会で土嚢積・バケツリレーの競技を取り入れてみる。地域の交流お花見イベントで防災BBQをやってみる、など。

アンケート(抜粋)

  • 災害時にBBQが役立つというのは新発想だった。体験できてよかった。
  • ボランティア目線でしか防災活動を考えたことがなかったので、様々な話が聞けてよかった。
  • 楽しい防災活動として、町内でもやってみたい。

応援カフェ外部報告

中小企業診断士による「ちーびずカフェ通信」(外部リンク)やちーびず推進員による「活動ブログ」(外部リンク)でも応援カフェの関連記事を発信しています。

 カフェ通信バナー 推進員ブログバナー 

応援カフェのページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部地域力ビジネス課 ソーシャル・ビジネスセンター

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4865

ファックス:075-414-4230

chiibiz@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?