ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都ちーびず(京都地域力ビジネス) > 第46回 地域力ビジネス応援カフェ in 京丹後峰山 報告

ここから本文です。

第46回 地域力ビジネス応援カフェ in 京丹後峰山 報告

 京都府では、ビジネス的手法により新しい仕事や働き方を生み出して、自分たちの手で地域課題を解決し地域づくりを継続する京都ちーびず(地域力ビジネス)を推進しています。
 応援カフェは、ちーびずを目指すみなさんが、交流しながら、ブラッシュアップや新しく楽しいコラボをつくり出すための場です。
 今回は、地域交流活動に取り組むNPO法人ハーブとスローフードが運営するまちづくりのコミュニティカフェを会場に、地域拠点カフェとしての活性化と、カフェを活用した参加者とのコラボやちーびず創出を意見交換する応援カフェを開催しました。

 募集チラシ(PDF:543KB)

実施報告

集合写真

試食ピザ

ハーブとスローフード

意見交換

会場

会場2

概要

 日  時 : 平成28年12月16日(金) 11:00~14:00
 場  所 : タナカヴァイオリンミュージアム内アンゼリカ
 テ ー マ  : 食育、スローフード、音楽 地域拠点カフェをもっと活用しよう!
 参 加 者 : 19名

団体名

活動内容・コラボ希望等

蒲井・旭活性化協議会 久美浜町蒲井地区・旭地区で、地域が一体となってシーカヤック事業に取り組む。今冬には新たな集客の取り組みとして久美浜産の牡蠣を使った牡蠣小屋もオープン。
由良オリーブを育てる会 宮津市由良地区で荒廃農地を活用してオリーブを栽培。地域おこし協力隊等も地域と一緒になって、ちーびずで由良の新たな特産品づくりにチャレンジ中。
ハーベスト・ベイ久美浜運営委員会 宿泊施設と加工所が併設された拠点を12月にオープン予定。地元久美浜産のフルーツや野菜を活用したジャムなどの製造にも取り組む。
宇川加工所 京丹後市の宇川地区で地域の女性たちが「丹後のおいしいもの」づくりとして様々な加工品を製造・販売している。米ぬかを使った「米ぬかケーキ」が人気。
(有)京丹後ふるさと農園 食物繊維やカルシウムたっぷりで血糖値を下げる効果のある桑の茶を栽培し、粉末に加工して府全域で販売。
Berries(ベリーズ) 京丹後市の子育てママ向けフリーペーパー「たんごでMammy」を今年10月にプレ発刊。地域とコラボしたイベントなどにも取り組んでいきたい。
(その他参加者) NPO法人ハーブとスローフードのまちづくり会員、京丹後市商工会女性部、中小企業診断士、ちーびず推進員、府地域力ビジネス課

◆人気のピザの宅配とコミュニティカフェ「アンゼリカ」オープン
 音楽、スローフード等、長らく地域交流活動に取り組んできたNPOが、パン、ケーキの製造販売とカフェ営業。高齢者の食、子供たちの食育など、食を中心に地域の活動拠点化を目指し、活発な意見交換。

◆子育て支援として「音楽絵本」を実演!
 ピアノの伴奏に合わせて、子どもたちに絵本の読み聞かせを行う「音楽絵本」を実演。「子ども学習サロン」として定期的に、サロンコンサート、食育カフェ、音楽英語、絵本コンサートも開催している。

◆京都北部地域のコラボの拠点としても期待大!
 京丹後や宮津で様々なちーびずに取り組む参加者との交流も活発に行われ、コラボのアイデアも多数。北部全体の活性化に向けた新しい取り組みの可能性が見えてきた。

グループ意見交換会(主な意見)

◯北部地域での様々なコラボ

  • 近隣の活動を点と点から線につないでいこう。
  • 桑の葉を使った健康に関する勉強会や食育のなかでのアレルギーに関する勉強会をやってみる。勉強会でできたつながりで、今度は現地に出かける体験企画をやってみる。

◯地域拠点の認知度アップを!

  • 場所がわからない、看板がない。
  • 地域の拠点、交流施設としての認知度アップのため、道路側に看板を設置してみる。
  • 活動拠点を探している人にFBを活用し、場所を提供できるようにしてみては。

◯今の取り組みを少し発展させてみる

  • 音楽と体操は相性が良いので、シニアの活動として老化防止の健康体操をやってみる。
  • 単にピザを作るだけではなく、オリーブを目に、ピーマンを口に見立てるなど、子どもが楽しめるような親子ピザ作り体験で楽しみながら料理、食育に取り組む。

アンケート(抜粋)

  • 北部の関わりの少ないことの多くに触れることができて、大変参考になり、活動や事業の内容を拝見したいと思えるものも、いくつかあり今後に備えたいと思いました。
  • それぞれの活動や団体は小さな力でも、協働すると力が出る。そしてまたつながりが広がることで認知が広がる

応援カフェ外部報告

中小企業診断士による「ちーびずカフェ通信」(外部リンク)やちーびず推進員による「活動ブログ」(外部リンク)でも応援カフェの関連記事を発信しています。

 カフェ通信バナー 推進員ブログバナー

応援カフェのページ 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部地域力ビジネス課 ソーシャル・ビジネスセンター

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4865

ファックス:075-414-4230

chiibiz@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?