ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都ちーびず(京都地域力ビジネス) > 第49回 地域力ビジネス応援カフェ in 京都市左京区 報告

ここから本文です。

第49回 地域力ビジネス応援カフェ in 京都市左京区 報告

 京都府では、ビジネス的手法により新しい仕事や働き方を生み出して、自分たちの手で地域課題を解決し地域づくりを継続する京都ちーびず(地域力ビジネス)を推進しています。
 応援カフェは、ちーびずを目指すみなさんが、交流しながら、ブラッシュアップや新しく楽しいコラボをつくり出すための場です。
 今回は、チームで西陣絣や手織物を伝える活動をしているいとへんuniverseを会場に、西陣絣のお話を聞きながら参加者とのコラボやちーびず創出を意見交換する応援カフェを開催しました。

実施報告

49回集合

49回体験

49回イトヘン2

49回意見交換 

49回バッグ

 49回イトヘン

概要

 日  時 : 平成29年3月23日(木) 13:30~16:00
 場  所 : いとへんuniverse(ユニバース)
 テ ー マ  : 西陣絣とコラボしよう!
 参 加 者 : 9名
 募集チラシ(PDF:437KB)

<参加団体及び主な活動状況>

団体名

活動内容・コラボ希望等

手描き友禅職人 松井 恭子 SHOP 和彩彩(中京区) 下絵から絵付けまでこなす手描き友禅職人。「SHOP 和彩彩」で和柄Tシャツ、家紋小物などを販売。
町家ギャラリー be京都(上京区) 京町家を改装したギャラリー&レンタルスペース。定期的に企画展や、手作り市等を開催。地域のコミュニティスペース。
(その他)中小企業診断士、ちーびず推進員、府地域力ビジネス課

趣旨

◆西陣絣(にしじんかすり)を「つくる」「伝える」チーム発足
 平成26年10月に西陣織の織師、絣加工師、ライターらで設立された「いとへんuniverse」。染色や織物作家も加わり、伝統工芸体験ができるショールームCaféをオープンして、西陣絣等の技術を残し、次世代へつなげる活動をしている。

◆職人コラボや伝統工芸品の普段使いのアイディアいろいろ
 Caféをネットワークの拠点にして、職人コラボ体験ワークショップや、製品プロモーションの場として期待する声が多く出された。また、和小物や伝統工芸分野なので、民間と府が協働して進める3部式かんたんドリッコkimonoプラットフォームとのタイアップも今後検討される予定。

グループ意見交換会(主な意見)

◯伝統工芸の特長を活かした、普段使いできるオシャレな製品をつくる

~たとえば~

  • シルクだけでなく、木綿などの異素材を組み合わせる
  • 手染め友禅作家がインクジェット技術でつくる小物が人気
  • 西陣の洋服に需要あり

◯伝統工芸品の良さをきちんと伝える

~たとえば~

  • Caféでは職人自身が伝える企画を考えてはどうか
  • 染めにはできない絣ならではのぼかしの技術の魅力を、製品にかわいい名前をつけて表現

◯入り口として広がりが期待できる3部式かんたんドリッコkimonoプラットフォームとのタイアップも

~たとえば~

  • ドリッコきものを着て体験する職人による体験ワークショップなど

アンケート(抜粋)

◯少人数で深い意見交換ができた。 
◯人と人のつながりで生まれる智恵や力のコラボに無限の可能性を感じた。
◯3部式かんたんドリッコkimonoプラットフォームについて

  • 着物でお出かけするのが趣味で、参加できるイベントをいつも探している。kimonoカフェに興味あり
  • 伝統産業や着物文化への入り口として、広がりを期待
  • 職人グループで縫製チームをつくってみたい

応援カフェ外部報告

中小企業診断士による「ちーびずカフェ通信」(外部リンク)やちーびず推進員による「活動ブログ」(外部リンク)でも応援カフェの関連記事を発信しています。

 カフェ通信バナー 推進員ブログバナー

応援カフェのページ 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部地域力ビジネス課 ソーシャル・ビジネスセンター

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4865

ファックス:075-414-4230

chiibiz@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?