ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都ちーびず(京都地域力ビジネス) > ちーびず応援カフェ&セミナー in 福知山 毛原 報告

ここから本文です。

ちーびず応援カフェ&セミナー in 福知山 毛原 報告

 京都府では、ビジネス的手法により新しい仕事や働き方を生み出して、自分たちの手で地域課題を解決し地域づくりを継続する京都ちーびず(地域力ビジネス)を推進しています。
 応援カフェは、ちーびずを目指すみなさんが、交流しながら、ブラッシュアップや新しく楽しいコラボをつくり出すための場です。
 今回は、集落で特産品開発や広報活動に積極的に取り組んでいる福知山市大江町毛原地区を会場に、お話を聞きながら参加者とのコラボやちーびず創出を意見交換する応援カフェを開催しました。

実施報告

59ouencafe5 

59ouencafe2 

 59ouencafe3

59ouencafe4 

59ouencafe1 

 

概要

 日  時 : 平成29年10月19日(木) 13:00~16:00
 場  所 : 毛原公会堂(福知山市大江町毛原305-2)
 テ ー マ  : 毛原の効果的な ①PR方法 ②特産品 を考える!
 参 加 者 : 21名(毛原区民、毛原女性グループ、(株)カスタネット、中小企業診断士、ちーびず推進員、府地域力ビジネス課)
 募集チラシ(PDF:171KB)

趣旨

◆1000年続く里づくりを目指して、集落全員で特産品開発や広報戦略に挑戦する毛原
 ・12戸30人の大江町毛原区では、「日本の棚田百選」に選ばれた景観を活かした棚田オーナー制度など集落内外との交流を積極的に行う仕組みを作ってきた。
 ・ロゴマークやパンフレット、HPなどの広報ツールの作成やクラウドファンディングにより獲得した資金をもとにした加工所の建設が進むなか、持続的な里づくりをより進めるための効果的なPRや特産品について意見を出し合った。

◆ちーびず動画セミナー
 ・製品や地域の魅力など様々な情報を動画形式で毎日発信する取り組みを実施している(株)カスタネットの植木社長により、「地域でつくる動画配信のすすめ~地域ブランディング向上~」と題した動画セミナーを実施。
 ・地域の価値とは、人の心にイメージとして蓄積されるもの。そのような価値を創造する手法の一つとして動画を用いるPRが有効。
 ・「しゃべりはヘタでもいい」「ミスを気にしない」「原稿を読み上げない」など、動画を撮る上でのポイントも解説。

◆目を引くパッケージやキャッチフレーズ、動画などを使った効果的なPRを!
 ・試作中の商品パッケージを見て、試食をしながらの意見交換では、デザインの統一感やパッケージの工夫などに関するアイデアが多く出された。
 ・他にも、食べ方を紹介したレシピや動画などを組み合わせてはどうかといった意見や、まずは近隣のイベントへの出展や地域の飲食店への売り込みなど、地元とのつながりを作ってはどうかとの意見が挙がった。

グループ意見交換会(主な意見)

◯毛原ならではの売り方を考えてみる

~たとえば~

  • 試作が楽しく、素材やアイデアがたくさんあるので、試作的なモノを作り続けて新商品をリリースし続ける(ex.「300円 作ってみましたシリーズ」)
  • 商品にQRコードを貼り、食べ方動画や毛原の紹介動画につながるようにしたら面白いのではないか。
  • ピザ窯があるので、ピザに黒豆の粕漬けを使ってみたり、アッと驚くような組み合わせ(生ハムと一緒にしてみる)を考えてみたりすると面白い。

◯デザインやパッケージを工夫してみる

~たとえば~

  • ロゴをしっかり共通で使うとか、住民の顔のイラストがせっかくあるなら使ったら良いのでは。
  • 黒豆の粕漬けは昔のレシピを復活させたというストーリーがあるので、パッケージに目を引く「復刻版!」みたいなシールを貼ってみては。 
  • 紙袋に入れたり、紙束を巻いたり。商品が大きく見えるような工夫や統一感のあるデザインを。

◯まずは地元から広めていく

~たとえば~

  • 近隣のイベント(参道マルシェ、夜久野高原祭りなど)へ出展し、地元での商品の認知度を高める。
  • 特産品の真空パックだけではなく、地域の料理屋さんやスイーツのお店に使ってもらえるか売り込む。

アンケート(抜粋)

  • 動画について、効果的に活用すれば非常に成果が出るものだと改めて認識しました。
  • 楽しく明るい皆様と活発な議論が出来て良かったです。
  • PRの方法、パッケージの工夫等いろんな意見を聞いて参考になった。
  • 他販売店、他加工品のリサーチをするなかでターゲットを明確にし、パッケージや販売価格等十分話し合うことが必要。
  • 近隣にこんなステキな場所があることを知りませんでした。

応援カフェ外部報告

中小企業診断士による「ちーびずカフェ通信」(外部リンク)やちーびず推進員による「活動ブログ」(外部リンク)でも応援カフェの関連記事を発信しています。

 カフェ通信バナー 推進員ブログバナー

応援カフェのページ 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部地域力ビジネス課 ソーシャル・ビジネスセンター

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4865

ファックス:075-414-4230

chiibiz@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?