ここから本文です。

ちーびず応援カフェ in 京都市東山区 報告

 京都府では、ビジネス的手法により新しい仕事や働き方を生み出して、自分たちの手で地域課題を解決し地域づくりを継続する京都ちーびず(地域力ビジネス)を推進しています。
 応援カフェは、ちーびずを目指すみなさんが、交流しながら、ブラッシュアップや新しく楽しいコラボをつくり出すための場です。
 今回は、京都市伏見区・東山区を中心に、さまざまな事情を抱えるママやパパたちの子育てをサポートするため、「産前産後家事サポート」「イクメン教育サポート」などの家事代行に取り組み始めている「さぽかじ女性サポート」のお話を聞きながら参加者とのコラボやちーびず創出を意見交換する応援カフェを開催しました。

実施報告

64-1 

 64-2

 64-3

64-4 

 

 

概要

 日時 : 平成30年1月26日(金曜) 11:30~14:30
 場所 : 小松谷児童館(京都市東山区渋谷通東大路東入三丁目上馬町553)
 テーマ  : ①子育てを支えるママやパパの家事サポートを考えよう!  ②地元シニア世代の活躍につなげよう!
 参加者 : 19名(さぽかじ女性サポート、小松谷児童館、助産師、活きいき生活応援センターうふふ、ちーびず推進員、府地域力ビジネス課 など)
 募集チラシ(PDF:429KB)

趣旨

◆経験から生まれた家事代行サービス「さぽかじ」 
 ・会長の中村さんはウェディングドレスのデザイナーとして勤めていたが、結婚後、寝たきりの姑の介護に携わり、仕事を辞めざるを得なくなった経験から、他人の手を借りることの大切さに気づき、2013年に介護サポート事業を立ち上げた。
 ・2016年からは、高齢者だけでなく、出産と介護が同時進行する時代の女性へのサポートとして、特に産前産後のママやイクメンを対象にした家事代行プランを考案。
 ・また、知的障がいを持つ次女の子育て経験から、障がい児のいる家庭へのサポートプランも設けている。
 ・スタッフには経験豊富で元気なシニア世代を多く起用し、助産師による専門研修や家事研修の体制も整えている。

◆プランの売り込み方やスタッフの集め方に工夫を!
 ・意見交換では、家事サポートやイクメン教育プランを夫婦本人がいきなり利用するのは抵抗があるのではないかとの声があり、イクメン休暇を取らせたい企業向けの販促や出産祝いのギフト券はどうか、などの意見が出された。
 ・家事代行サービスがまだ珍しいため、実際のサービス内容や現場の様子などをわかりやすく紹介するスタッフブログをHPに掲載してはどうかとの意見も挙がった。
 ・また、スタッフ候補としては、看護系大学の学生やフィットネスジム(カーブス)の元気高齢者などにアプローチしてはどうかとの意見も出された。

グループ意見交換会(主な意見)

◯家事サポート・イクメン教育の販促

~たとえば~

  • イクメン休暇を取らせたい企業に売り込む。父親が育児・家事できれば、コスト削減できるはず
  • お祝いプレゼントとしてギフトとして提供してはどうか

◯家事代行のサービス内容や現場の様子をわかりやすく伝える

~たとえば~

  • 子育てサロン、ベビーウェルカムカフェなどにパンフレットを置いてもらい、SNSで発信
  • パンフレットにスタッフの主婦歴、家庭環境などを掲載してもらえるとわかりやすい
  • サービス内容を見せるスタッフブログを作り、発信する

◯スタッフ候補について

~たとえば~

  •  力仕事などでは男性スタッフが必要な場合もある。介護職、看護系の学生さんに来てもらってもいいのでは。
  •  カーブス(フィットネスクラブ)で体操している元気なお年寄りに社会貢献として働いてもらう。

アンケート(抜粋)

  • 子育てとシニア世代のことを同時に話し合うのはなかなか無いと思います。どちらの話も印象に残りました。
  • 高齢者だけに関わらない家事サポート(イクメン教育プラン)などの発想が素晴らしかった。 
  • 人数もちょうどよく、時間もゆったりしていたので、 一人一人の意見をじっくり聴き合えました。
  • ビズとついている通り、「ビジネス」として成り立つような支援をしてくださることがわかりました。

応援カフェ外部報告

中小企業診断士による「ちーびずカフェ通信」(外部リンク)やちーびず推進員による「活動ブログ」(外部リンク)でも応援カフェの関連記事を発信しています。

 カフェ通信バナー 推進員ブログバナー

応援カフェのページ 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策企画部企画参事(中部担当・府民協働担当)付

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4230

kikaku-chubu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?