ここから本文です。

ちーびず応援カフェ in 京丹波町 報告

 京都府では、ビジネス的手法により新しい仕事や働き方を生み出して、自分たちの手で地域課題を解決し地域づくりを継続する京都ちーびず(地域力ビジネス)を推進しています。
 応援カフェは、ちーびずを目指すみなさんが、交流しながら、ブラッシュアップや新しく楽しいコラボをつくり出すための場です。
 今回は、京丹波町竹野地区で、市場に出回らず廃棄されてきた野菜を乾燥野菜として有効活用し、地域の農家とアイデアを出し合いながら開発した、健康的な「京都やさいおいる」が人気の(株)京都ものがたりのお話を聞きながら参加者とのコラボやちーびず創出を意見交換する応援カフェを開催しました。

実施報告

 

概要

日時 : 平成30年6月8日(金曜) 13時00分~16時00分

場所 : 若竹センター(京丹波町高岡23)

テーマ :(1)ちーびずコラボを作ろう、(2)京都女性起業家協議会のコミュニティスペース活用法を考えよう

参加者 : 30名(NPO法人京都女性起業家協議会、(株)京都ものがたり、竹野活性化委員会、(株)今しぼり、亀岡発平成"ヨメ学"、BLOOM、里の仕事人、中小企業診断士、ちーびず推進員、府地域力ビジネス課 など)

募集チラシ(PDF:465KB)

趣旨

◆地域にとけ込み、地域産業が回るモデルケースづくりを目指して

  • NPO法人京都女性起業家協議会は元々京都市内を拠点とし、5年前から府内の農家が栽培した野菜を活用した「京都やさいおいる」を開発したが、生産者の隣で一緒に製品を作れないかと、京丹波町の竹野地区へ拠点を移した。
  • 移住後、まずは地域のサロンで地域の人々と顔を合わせることから始め、農地を借りて自らバジルや野菜を栽培し、現在は地域の方も交えた17人で「京都やさいおいる」づくりに取り組んでいる。地域の小学校にも出向き、苗を植える体験や収穫体験のほか、6次産業の仕組みも教えている。
  • 地域産業を回すために、竹野ブランドのストーリーを広く展開しようと試みたが、NPO法人であることが足かせとなった経験から、(株)京都ものがたりを立ち上げ、対外的な売り込みは株式会社として実施。現在では高島屋などにも出展し、地域活性化のモデルケースを目指している。

◆参加者同士から生まれるコラボや地域内外の交流拠点について

  • 製品コラボのアイデアとしては、「京都やさいおいる」づくりで出る野菜の残りかすを醤油や塩と混ぜてみるなどの参加者同士でのコラボのほか、他の製品とセットにした売り方の提案や消費者 が買いやすいレシピを作ってはどうかといった意見が出された。
  • また、現在地域で整備中のコミュニティスペースの活用法について、地域の人がまずは様々なものを持ち寄って楽しみながらコラボを生み出すきっかけ作り、昔の食を子どもに伝える世代間交流のスペースといった意見のほか、専門家を講師として招き地域内外の人が学べる催しを行ってはどうかとの意見も挙がった。

グループ意見交換会(主な意見)

  • 色んな世代の人々が「食」を囲んで。交流する場所、畑を耕したり、旬の野菜の話ができたり・・・都会ではできない様な田舎体験ができる場所。
  • 米油に抽出法ではなく、圧搾法の油を使っていくほうが安全性は高い。こだわりの商品にさらに高める。
  • 楽しく集まれる場所として、皆で寄り合って食材を持ち合ってしゃべろう、料理しよう、食べよう。楽しい中からアイデアが出てくる。

アンケート(抜粋)

  • 地域に根づいた「オイル」の開発の発想が印象に残りました。地域の方々とうまく連携しているところが素晴らしい。
  • 日頃かかわりの少ない若い方との交流や若い方の意見が聞けて非常にうれしかったです。竹野地域のコミュニティスペースの使い方に大きな期待が湧きます!
  • 失敗した事業も含めて、後から続く人のケーススタディができるよう中長期的なビジョンで取り組んで初めて意味があると思った。

応援カフェ外部報告

中小企業診断士による「ちーびずカフェ通信」(外部リンク)やちーびず推進員による「活動ブログ」(外部リンク)でも応援カフェの関連記事を発信しています。

カフェ通信バナー 推進員ブログバナー

応援カフェのページ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策企画部企画参事(中部担当・府民協働担当)付

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4230

kikaku-chubu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?