ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都ちーびず(京都地域力ビジネス) > 第19回 京都ちーびず応援カフェ in 京北 実施報告(府庁女子ちーびず応援事業 流通・ブランド戦略課実施分)

ここから本文です。

第19回 京都ちーびず応援カフェ in 京北 実施報告(府庁女子ちーびず応援事業 流通・ブランド戦略課実施分)

第19回京都ちーびず応援カフェin京北 実施報告

女子ちーびず応援チームのメンバーである流通・ブランド戦略課の女性職員が応援する「山国さきがけセンター・味彩グループ」の活動拠点で、地域の活動団体や関心のある方等を集めた応援カフェを開催。
バラバラに活動する団体が府の呼びかけで集まり、今後もプラットフォーム的に継続する方向が確認された。
 集合写真 クッキー スイーツ アイス

実施状況

 日  時 : 平成27年9月17日(木) 13:30~16:00
 場  所 : 山国さきがけセンター(右京区京北)                 
 参 加 者 : 22名
 内  容 : あいさつ(地域力ビジネス課 長友課長)
               活動アピール、特産品等の試食・交流
                     グループ意見交換、発表等 <テーマ:集客できるちーたびづくり~実践を見据えたちーたびを考えよう>
 試  食 : いちじくのワイン煮、花梨のアイス、そばサブレ、地元食材のワッフル・パウンド、珈琲 等

概要

  • 主な参加団体 

参加団体(試食)

主な活動内容

山国さきがけセンター・味彩グループ この地域に伝わる伝統食である、わらつと納豆や納豆餅などを製造・販売しながら、「山国地域の伝統食を伝える」活動を実施。
NPO法人ふるさと京北鉾杉塾 地元農家さんへの朝市の呼びかけ、「ふるさと京北再発見」の本の出版など、地域の魅力を内外に伝える活動を実施。
亀屋廣清 周山で酒ケーキ店を営みながら、地域の季節ごとの風景を伝えるちーたびを実施するなど、ちーびず活動を実践中。
羽田酒造 上桂川の伏流水と良質の米を使い、地元の蔵人が丹精を込めた手づくりの酒を製造。
京蕪庵 京北産自家栽培の手打ちそば、京北の伝統食納豆もちなど「食」を通じて、京北の良さを発信。
NPO法人京北コミュニティビジネス 立命館大学で定期的に野菜や特産品等直売。京北の物や人の資源を発掘しながら、安心して末永く住めるまちづくりを目指し、活動。
その他参加者・・ポテトクラブ(中京区)、京北ゼミナールハウス、京北商工会女性部、京都市京北農林業振興センター、中小企業診断士、京都乙訓農業改良普及センター、府農林・地域力ビジネス関係者                       

 

  • グループ意見交換会 

     ・京北での「ちーたび」の提案
        慈眼寺で明智光秀公の歴史を学び、京北の秋の風景を写真撮影/山国での農業体験(椎茸の菌うち等)/自転車での川下り旅
        /京北の食材を知ってもらう旅/芸術系の人たちとのコラボ旅
     ・京北の「キーワード」を増やして、情報発信力を高める。
     ・本参加の関係者がプラットフォームを作って、京北ゼミナールハウスや府の施設等で、京北産の野菜を使ってもらうよう働きかけてみてはどうか。
     ・京北の山国、周山、弓削地区は、知っているようで知らないことも多々ある。情報交換が必要。 

  • アンケート(抜粋) 

     ・地域での取り組みを知ることが出来て良かった。
     ・地域の自主・自立をサポートできる幅広いプラットホーム作りは、ぜひ必要だと思った。
     ・こういった会の継続も大事だが、話し合ったテーマを実現していくことも大事だと思った。
     ・地域ではリーダーシップをもった人材は限られてくるので、その導きの手伝いをしてほしい。   

 チラシ

 募集チラシ(PDF:738KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部地域力ビジネス課 ソーシャル・ビジネスセンター

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4230

chiibiz@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?