ここから本文です。

手づくりジェラートで、笑顔の輪を拡げる

丹後マーク 京丹後のフレッシュミルクからはじまる

<酪ママ工房

環境

まちの特産

酪ママメイン 
もともと牛乳の生産者で「計画生産」というシステムの弊害でもある廃棄を減らすために、酪農家の主婦仲間4人が集まって生乳を加工してアイスクリームを作り、地元のJAまつりなどで販売をはじめました。現在は家族で事業をおこなっています。生乳の他、素材には徹底的なこだわりをもち、地元の名勝地「琴引浜」の塩を使った「琴引の塩」をはじめ、野菜や果物の多くも地元産のものを使用しています。実店舗での販売だけでなく、各地のお祭りやマルシェにも積極的に出かけています。

酪ママつながり1

お客様にハッと印象付ける商品を作るのが楽しみです。そのため色々なジャンルの方々との繋がりを大切にしています。 

(代表の野村さん)

酪ママつながり2

天橋立で年間を通して観光客のお客様を中心にお買い上げ頂いています。 

(勘七茶屋・主任 川村さん)

酪ママつながり3

生産した丹波栗・黒豆をジェラートにしてもらっています。出来上がりは想像以上のおいしさでした。

(丹波黒豆工房・塩貝さん)

OEM(受託製造、受託者のブランドで製品を生産すること)に力を入れています。地域ビジネスの観点からも、「こんな素材を使ってジェラートにしたらどうだろうか?」という提案や相談をもちかけられることも少なくありません。これまでに、丹波の塩貝さんが作った京都府産野菜パウダーを用いた「栗」「壬生菜」「かぼちゃ」「完熟万願寺唐辛子」のジェラート、「三人寄れば文殊の知恵」で知られる天橋立は知恩寺文殊堂そば近くの、甘味処「智恵の餅 勘七茶屋」のあんこを使った勘七のあんこ最中と智恵のソフトクリームを作ってきました。
新商品をつくるということは、新しい“動き”が生まれることだと考えています。地域活性化のためにも、どんどん取り組んでいきたいです。ジェラートにしてみたい野菜やものがったら、「こんなの合わない」と思わずに、気軽に声をかけて下さい。
 
製品・サービス
 酪ママイチオシ

◇   <蜜巣ソフト>  <600円(税込み)>

 純粋な巣蜜(コムハニー)をそのままカット、生はちみつをたっぷりトッピングしたソフトクリーム。プロポリス、ビタミン、ミネラルもたっぷりで甘すぎない、コクのあるおいしさです。

酪ママオススメ

◇ <京野菜のジェラート①黒豆きなこカップ> <350円(税込み)>

丹波産の黒豆をきなこにして、ジェラートに。一口ほおばるときなこの風味がいっぱいに広がります。

◇ <京野菜のジェラート②万願寺唐辛子カップ><350円(税込み)>

同じく丹波産の万願寺唐辛子。完熟して赤いのが特徴。 もちろん味はマイルドで、想像を裏切るおいしさです。


【ここで買えます!】
名称 酪ママ工房ショップロイヤルメリー
住所 京丹後市網野町浜詰46
電話 0772-74-1911
営業時間 10:00~17:00(不定休)
HP http://www.rakumamakobo.com/

 

 団体活動写真

酪ママ団体1

酪ママ団体2 

酪ママ団体3

「移動販売車Royal Merry号」。府内北部を中心に、出店依頼に応じて出向いています。

酪ママ団体4  酪ママ団体5 

「蜜巣ソフト」で使っている純粋コムハニーと生はちみつ


 

酪ママ工房
住所  京丹後市網野町浜詰46
電話  0772-74-1911 FAX  0772-74-1911
Mail  info@rakumamakobo.com
HPほか

HP_アイコン(外部リンク)

FB(外部リンク)

代表  野村 多恵子 担当  野村 美保

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策企画部企画参事(中部担当・府民協働担当)付

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4230

kikaku-chubu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?