ここから本文です。

京丹波みわ トマトでまちおこし

中丹マーク ソバージュ栽培のとまとジュース3兄弟

<丹波みわ活性化協議会

伝統

まちの特産

丹波みわメイン

福知山市三和町では、人口減少・少子高齢化が進むなかで地域の元気と生きがいを向上させようと平成24年に活性化協議会を立ち上げ検討を重ね、トマトを新たな特産にするチャレンジを始めました。

まず会員がトマトを有機栽培し、リフレかやの里で生搾り100%のジュースに加工して、地元三和荘のアンテナショップやイベント等で試験販売しています。

トマトは、王様の「桃太郎」、地中海マウロトマト「シシリアンルージュ」、同じくオレンジ色の「ピッコロカナリア」の3種類で、色や甘さ、さわやかさが違い、それぞれに大好評です。

今後、まず販路を開拓し、需要や収益を見極めてから、地域おこし事業として地元農業者へも広げていく予定で、日々がんばっています。

丹波みわつながり1

Iターンしてくれる若者(宝物)が農業に従事しています。丹波みわで安心安全な農産物を利用した加工所をつくり6次化を目指したいですね。

(丹波みわ活性化協議会会長・河内一郎)

丹波みわつながり2

ミニトマト「ピッコラカナリア」を生産し、ジュースに加工し、期待以上の評価をいただき、来年度に本格生産を計画しています。新たに加工所が必要になります。

(当会部会長・大槻昭則)

丹波みわつながり3

大阪府から福知山市三和町へ移りました。新しい仲間を募り、暮らしがなりたつ仕事として農業に従事していきたいですね。みなさんも、物づくりにチャレンジして見ませんか?

(就農者・松村賢三)

トマト栽培の参加を求めたら、12軒が栽培農家となりました、そしてトマトの本来持つポテンシャルを最大限に引き出すソバージュ栽培により、完熟でおいしさ抜群の特産品づくりを目指しています。さらに販売に必要な生産体制が必要であり、地元の若者にも、栽培を手伝う雇用が生まれてきています。
Iターンで「みわ」に移り住んだ若者と交流する中で、地元特産品づくりへの参加を求めています。『地産地消』地域の素材を活かした加工品を地元のお土産品としてPRし、住んでいる人に広げていきます。また特産品の販売をお手伝いいただけるお店を求めています。
 
製品・サービス
丹波みわイチオシ

◇  トマトジュース  <価格27年度テスト販売中> 28年価格設定予定

◆ピッコラカナリア・美容と健康に良いBカロチンを多く含むトマト

◆シシリアンルージュ・リコピン豊富なイタリア生まれの濃厚トマト

◆三﨑さんちの桃太郎・甘酸っぱい国内を代表するトマト

以上、3種類のトマトを生産し、ジュースにしました。

丹波みわオススメ1

◇   三和ぶどう

地域特産として定着している甘くて美味しいと好評の三和ぶどう、ベリーA、藤実、安芸クイーン等を生産し販売しています。

季節限定 8月下旬~9月下旬まで

旬の味をお楽しみください。

丹波みわオススメ2

◇ ぶどうジュース <価格280円1本>

濃厚なストレートジュース

地元産三和ぶどう100%の安心できるぶどうジュースです。

その他加工品試作中。

 


【ここで買えます!】

名称 三和荘
住所 福知山市三和町寺尾
電話 0773-58-2310
営業時間 9:00~21:00
HP www.tanba-miwa.net

 

 

 団体活動写真

丹波みわ団体1

丹波みわ団体2 

ピッコラカナリア

ピッコラカナリアの栽培

丹波みわ団体3

丹波みわ団体4

地域力再生コラボカフェで知事も試飲

コラボカフェでの展示・試飲・販売


 

丹波みわ活性化協議会
住所  福知山市三和町千束530 農業振興センター内
電話   FAX  
Mail  tamba.miwa.k@gmail.com
代表  河内 一郎 担当  
HPほか

FB(外部リンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策企画部企画参事(中部担当・府民協働担当)付

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4230

kikaku-chubu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?