ホーム > 府政情報 > 広報・情報公開等 > 報道発表資料 > ~京都北部で漁師を目指してみませんか~「海の民学舎」第4期生の2次募集を行います

ここから本文です。

~京都北部で漁師を目指してみませんか~「海の民学舎」第4期生の2次募集を行います

報道発表日:平成30年1月25日

京都府農林水産部水産課

京都府水産事務所

京都府では、平成27年4月に「海の民学舎」を開講し、府北部地域において漁業を支える人材の育成に取り組んでいます。

この度、平成30年度の学生(第4期生)の2次募集を行いますので、広く周知いただきますよう、よろしくお願いします。

海の民学舎で学ぶことの魅力

  • 京都府、漁業団体、地元市町の協働で運営する『海の民学舎』では、トリガイ養殖などの漁業研修から就業・漁村への定住まで、運営団体とともに強力にバックアップします。
  • 研修中の住居については専用宿舎があり、馴れない土地での生活不安もサポートします。
  • 研修後も組合員資格取得や漁船・漁具の取得(融資、リース制度も有り)を強力に支援します。
  • 昨年、3月に第1期生の研修が修了し、大型定置網や底びき網漁業に就業した者のほか、5月に2名が組合員資格を取得、うち1名が、はえなわ漁師として独立し、京都の海で活躍しています。

1、研修場所

海の民学舎(京都府宮津市字小田宿野1029の3、京都府水産事務所内)

2、研修内容(予定)

  • 漁船操船や漁具作成などの基礎的な実習
  • 定置網、トリガイ養殖など府内の漁業現場での実践的な研修
  • 海産物及びその加工品、海の観光資源を活用したビジネスの基礎知識の習得

3、研修期間

2年(平成30年4月から)

4、研修費用

年間授業料118,800円(返還制度あり)

5、募集対象者

概ね40歳未満で、研修後、府内に定住して漁業に従事される方

6、募集人員

1学年定員10名のうち、今回は4名程度募集します

7、募集スケジュール

区分

出願期間

試験日

合格発表

2次募集

平成30年2月5日(月曜日)から2月26日(月曜日)

平成30年3月6日(火曜日)

平成30年3月13日(火曜日)

 

8、応募方法

京都府「海の民学舎」ホームページ(外部リンク)から「海の民学舎第4期漁業研修生募集要項(2次募集)」をダウンロードの上、申し込み書類を海の民学舎へ直接持参又は簡易書留郵便で郵送

研修中の経費支援

一定の要件を満たす方については、次世代人材投資事業(準備型)制度により、年間最大150万円の交付金を受けることができます。

参考資料

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府水産事務所(海の民学舎運営協議会事務局)
TEL:0772-25-0129

京都府農林水産部水産課
TEL:075-414-4994

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?