ホーム > 暮らし・環境 > 環境・自然・動植物 > 水環境の保全 > 水質調査について-水生生物で川の水質を調べよう-

ここから本文です。

水質調査について-水生生物で川の水質を調べよう-

1 いつ調査したらいいの?

「春から夏がいいよ。多くの水生生物が大きくなっているからね」


1年間を通して調査する場合には、各季節ごとに1回調査するのが理想です。
毎年調査する場合には、同じ時期に同じ場所で調査するようにします。
また、雨が降った場合には、生物が流れてしまっていたり、増水による危険も大きいので、雨が降る前の状態に戻ってから調査します。

2 準備をしよう  

調査をはじめる前に

3 さあ、出かけよう!…でも、どんな川に出かけたらいいの?

「身近な川で水深が浅く、川底に石がごろごろ転がっているところに行ってみよう。」



後で川全体の水質階級地図を作るような場合は、川の長さと調査地点数を考慮しながら、ほぼ等間隔になるようにします。支流がある場合や、工場、 事業場などからの排水が流入している場合は、流入点の上流側と下流側で調べます。

4 さあ、調査しよう!

「川に着いたら、さっそく調査をしよう!」  

記録用紙と記入例( PDFファイル ,1MB)(PDF:1,060KB)
(1)必ず3人以上を1グループとして調査します。
(2)調査する地点に着いたら、記録用紙に調査場所名、日付(時刻)を記入します。
(3)川の中で、水深が浅く、こぶしや頭くらいの大きさの石のある場所を探します。川岸の小さな石、砂のと ころ も調べましょう。
(4)地点が決まったら、下流側に網をおきながら、石を静かに取り上げ、容器かビニールの風呂敷に置き、石の表面にいる生物を採取します。また、砂利の中にも生物が潜んでいるかもしれません。
  また、石を取りあげた後の川底をシャベルや足でかき混ぜ、流れてくる生物を網で受けます。川底が砂や泥の場合は、この方法だけで生物を捕まえます。
(5) 採取した生物の数を(2)の記録用紙に記入します。生物の分類は、指標生物の写真おもて面(PDF:307KB)うら面(PDF:221KB)により行います。

【調査をするときは、次の点に気をつけてください】

  • 小中学生のみなさんは、自分たちだけで行かず、必ず保護者といっしょに行きましょう。
  • 川の中に入るときは、すべったり流されたりしないよう、また、深みなどにも十分注意しましょう!!!
  • つかまえた生物はできるだけ川へ返してあげましょう。
  • 自然環境の保全や漁場の保全に配慮し、川の中の石などを動かしたときは、必ずもとどおりに戻しておきましょう。

5 調査結果を記録しよう!

記録用紙の記入のしかた

(1) 「調査地点」は、市町村名とその場所名又は橋の名前などを記入します。
(2) 「川幅」は、調査した場所の流れの幅を目分量ではかって(目測して)記入します。
(3) 「生物を採取した場所」は、「流れの中心」とか、「右岸(あるいは左岸)からおよそ何メートル」というように書きます。
  ※ 右岸(左岸)とは、川の上流から下流を見て、右側(左側)の川岸のことです。
(4) 「流れの速さ」は、生物を捕まえた場所のだいたいの流れの速さを、次のような3段階で記入します。

段階流れの速さの目安
おそい1秒間に30cm以下
ふつう1秒間に30~60cm
はやい1秒間に60cm以上

  流れの速さを正しく簡単に測定したい場合には、3mないし5mの一定の長さの細いひもをつけた浮きを用意し、時計の秒針を見ながらひものはしを持って、足下の水面近くから浮きを落とし、ひもがピンと張って手応えを感じるようになるまでの時間を計り、1秒あたりの流れの速さを求めます。
  例えば、3mのひもを使って15秒であれば、300(cm)÷15(秒)=約20(cm/秒)となるので、上表から『おそい』と記入します。
(5) 「川底の状態」については、例えば「頭大の石が多い」「こぶし大の石が多い」「小石と砂」「砂と泥」というように記入します。また、水あか(石の表面についている褐色のぬるぬるとしたもの)が多いか少ないかなどもわかれば記入します。
(6) 「水のにごり、におい、その他」については、「透明またはきれい」、「少し濁っている」「大変濁っている」などと記入します。また工場からの排水などで色が着いていたら、その色についても記録しておきます。水のにおいについては、特に「ドブのようなにおい」、「石油のようなにおい」、「薬のにおい」などがしたら記入します。そのほか、調査場所の近くで汚れた川や工場排水などが入っているとか、気づいたことを記録します。
(7) 「魚、水草、鳥、その他の生物」については、調査地点の近くで見つけた魚や鳥、水草などについて気付いたことを記録します。

記録用紙と記入例( PDFファイル ,1MB)(PDF:1,060KB)

6 水の汚れの程度を判定しよう!

「ちょっとややこしそうだけど、よく読めばカンタンだよ。」

集計用紙と記入例(PDF:877KB)
(1) 記録用紙に記録した結果を集計用紙に集計します。
(2) その地点で見つかった生物の種類は、それぞれの欄に○印をつけてください。
(3) そのうち数が多かった上位2種類には、●印をつけます。
(4) もし、3種類の指標生物が、ほとんど同じくらいの数だった場合には、3種類まで●印をつけます。
(5) ○印と●印の数の合計を、各水質階級(I~IV)別 に、「水質階級の判定」1の欄に記入します。
(6) ●印の数の合計を、各水質階級(I~IV)別 に、「水質階級の判定」2の欄に記入します。
(7) 「水質階級の判定」3の欄に、1欄と2欄の合計を記入します。
(8) 3欄の合計値が最も多い水質階級を、その地点の水質階級と判定し、最下欄にI~IVの数字で記入します。
(9) このとき、2つの水質階級が同じ数値になった場合には、数字の少ない方の水質階級(例えば水質階級のIIIとIVが同点の場合はIII)をその場所の水質階級とします。

7 調査結果をまとめよう!・・・京都府の川はどのくらいかな?

 調査結果のまとめと活用

(1)水質階級を色分け、または、◎、○、△、●のような記号で区別 して、調査地点ごとに河川地図上に記入していきます。
(参考)平成23年度調査結果図(PDF:500KB)
(2)村落、住宅団地、市街地、工場等の位置などと比べたり、同じ場所で調査した年ごとの変化を比べたりすると、身近な川の状況がわかり、汚れの原因などを考えるのに役立ちます。
調査結果を多くの人に知ってもらうとともに、様々な機会を通じて情報交換を行い、その内容について一緒に考えてみましょう。

 

※調査方法、指標生物の図及び記録・集計用紙等は、環境省水・大気環境局、国土交通省水管理・国土保全局編「川の生きものを調べよう」から転載しています。
水生生物で川の水質を調べよう へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境管理課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4715

ファックス:075-414-4705

kankyoka@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?