ここから本文です。

丹後広域振興局

レジオネラ対策について

レジオネラ症は、死亡者が発生するおそれのある感染症です。
浴場に循環ろ過装置を設置している施設は、レジオネラ対策を万全にする必要がありますので、次の6点を必ず実施してください。

  • 浴槽水を消毒してください。
    塩素消毒は、遊離残留塩素濃度を0.2~0.4mg/L程度に保っているか測定し、記録しましょう。
    (注) 濃度は、残留塩素測定器等で確認しましょう。
     
  • ろ過器の清掃・消毒を重点的に行ってください。
    (注) ろ過器は、レジオネラ属菌が最も増殖しやすい箇所です。1週間に1回以上逆洗浄等の適切な方法で洗浄及び清掃を行い、生物膜を除去してください。
     
  • 浴槽水は、1週間に1回以上、全量を交換してください。
      
  • 浴槽水の交換時には、塩素濃度を高めて浴槽水を循環させ、配管内部を消毒してください。また、この消毒に加え、徹底的な配管洗浄を1年1回程度実施しましょう。
     
  • レジオネラ属菌の検査を1年に1回以上実施してください。
     
  • 浴槽水の消毒の状況やレジオネラ属菌検査結果、入浴施設の清掃・消毒の実施状況をきちんと記録し、3年間保管してください。 

以上6点の実施に関しては、補足説明資料(PDF:122KB)と、各種点検記録作成例( PDFファイル ,99KB)(PDF:100KB)を参考にして下さい。

関連サイト
入浴施設におけるレジオネラ症予防対策について(京都府健康福祉部生活衛生課)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

丹後広域振興局健康福祉部 丹後保健所

京丹後市峰山町丹波855

ファックス:0772-62-4368

tanshin-ho-tango-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?