ここから本文です。

丹後広域振興局

緑のカーテン

暑い夏、エアコンをつければ室内は涼しくなりますが、室外機からの排熱により、室外はますます暑くなります。また、電気を使うので、二酸化炭素が排出され地球温暖化にもつながります。
そこで、丹後保健所では地球温暖化防止の普及・啓発を目的として「緑のカーテン」に取り組んでいます。
緑のカーテンは、ゴーヤなどのつる性の植物を窓辺に植え、カーテン状に成長したつるや葉で日差しを遮るものです。
これにより、エアコンの設定温度を上げることができ、省エネ効果が期待できます。

ゴーヤの成長日記(平成27年7月現在)

発芽

ゴーヤ発芽1.


写真:平成27年5月27日

平成27年5月中旬に蒔いた種が発芽しました。

植え替え


写真:平成27年6月18日

ポットで大きく育ったゴーヤ苗をプランターに植え替えました。

成長中

ゴーヤ成長1
写真:平成27年6月30日


写真:平成27年7月10日

暑い日も増えるなか、ぐんぐん成長しています。

緑のカーテン完成

cimg3126
写真:平成27年7月24日

緑のカーテンが完成しました。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

丹後広域振興局健康福祉部 丹後保健所

京丹後市峰山町丹波855

ファックス:0772-62-4368

tanshin-ho-tango-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?