ホーム > 地域振興 > 広域振興局 > 京都府丹後広域振興局 > 丹後土木事務所 > 国定公園指定記念フォーラム「丹後のお宝 再発見」の開催結果について

ここから本文です。

丹後広域振興局

国定公園指定記念フォーラム「丹後のお宝 再発見」の開催結果について

丹後地域は自然環境、景観ともに、日本三景・丹後王国・大江山の鬼伝説など歴史と文化にも彩られた素晴らしい地域であり、平成19年8月3日に京都府の地域名称を初めて冠した「丹後天橋立大江山国定公園」として、17年ぶりに新規指定されました。

国定公園の新規指定を契機に、丹後地域の素晴らしさを再確認するとともに、地域における自然公園との関わり・連携を深め、今後の資源を活かした地域づくりや保全の取り組みにつなげるためにフォーラムを開催しましたので、その概要をお知らせします。

国定公園指定記念フォーラム「丹後のお宝 再発見」

日時

  • 平成19年12月8日(土曜日)午後1時30分から午後5時

場所

  • 国民年金健康センター「丹後おおみや」

内容

  • 開会
    丹後天橋立大江山国定公園新規指定の概要
  • 講演
    「エコツーリズムデザイン 地域の光」
    京都嵯峨芸術大学 芸術学部 観光デザイン学科 教授 真板 昭夫
  • 円卓会議(円卓会議の参加者のご紹介
  • 閉会

開催状況

パネル展示状況
丹後天橋立大江山国定公園の代表箇所のパネルを展示し来場者に見ていただきました。

開会挨拶(前川副局長) 開会
前川副局長により開会のあいさつを行いました。

国定公園の概要説明状況
丹後土木事務所からスライドにより国定公園の概要を説明しました。

京都嵯峨芸術大学芸術学部 真板教授
京都嵯峨芸術大学芸術学部 観光デザイン学科教授 真板昭夫氏により「エコツーリズムデザイン 地域の光」と題して基調講演をしていただきました。

真板教授からは全国各地での団体等の活動の様子をスライドで説明いただくとともに、「宝探しから地域づくりへ結びつけることが大切」、「宝は探す→磨く→誇る→伝える→生かすことが重要である」など、大変意義深いお話を聞かせていただきました。

また、「丹後地域の国定公園の指定を契機に地域の人達が自慢できるものを探しだし、打ち出して外から来る人に自慢する運動をしながら子供たちにも自慢できる地域づくりに立ち上がっていただきたい。」と言われていました。

参加者の皆さんは、その熱い語り口に真剣に耳を傾けておられ、今後の丹後の地域づくりにつながっていくものと思います。

円卓会議の様子 円卓会議の様子 円卓会議の様子 円卓会議の様子
円卓会議の様子です。

円卓会議の参加者の皆さんから各団体での活動の状況などを説明していただき、また、今後、どのように活動を展開していくかなど、それぞれの熱い思いを述べていただきました。

会場風景
会場には約60名の来場者があり、活動団体関係者・行政関係者などが今後の活動展開の参考にしようと皆さん真剣に聞かれていました。

遠くは京都市内の大学生の参加もあり、今後、地域団体が学生等とどのような関わりを持っているかという質問があり、各団体から説明をいただきました。

京都府としましても、このフォーラムを足がかりに地域のお宝の再発見や地域の活性化などにつながっていくよう、地域の方々とともに取り組みを進めて参りたいと思います。

なお、深町准教授から最後に「今後も、今回のように地域づくりにつながるような方の話を聞きながら、こういう場を持つことは非常に良いことである。」というお話がありました。

円卓会議の要旨

 「各団体の活動状況」

 「活動の持続化や継承について」

 「若い人達への巻き込みや次世代への継承の取り組み」

 「これからの活動に向けての方針」

  • (琴引浜の鳴り砂を守る会)
    失敗を繰り返して、地域が智恵をつけて、次につなげていきたい。
  • (伊根浦舟屋群等保存会)
    地域の人たちがどう守っていくかであり、地域の協力が必要。
  • (岩屋雲岩公園創造委員会)
    地域の人達が多く関わるような組織づくりが必要。
  • (NPO法人里山ネットワーク世屋)
    多くの地元の人達に上世屋の魅力を感じていただきたい。
  • (上宮津21夢会議)
    今、お宝さがしの真っ最中であるが、部会が多いため活動内容が分かりにくくなってしまうことがないようにしっかりとやっていきたい。
  • (天橋立を守る会)
    行動を継続し、地域を再発見して地域づくりを行っていき、将来のまちづくりをしていく。

お問い合わせ先

丹後土木事務所 企画調整室 ダイヤルイン電話 0772-22-2143

お問い合わせ

丹後広域振興局建設部 丹後土木事務所

宮津市字吉原2586-2

電話番号:0772-22-3244 

ファックス:0772-22-3250

tanshin-do-tango@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?