ホーム > 暮らし・環境 > 道路・交通 > 京都府の交通需要マネジメント施策 > ESTモデル事業 運輸交通分野における温室効果ガス排出の現状

ここから本文です。

ESTモデル事業 運輸交通分野における温室効果ガス排出の現状

運輸交通分野における温室効果ガス排出の現状

 自動車は、私たちの暮らしや社会・経済活動にとって無くてはならないものですが、 その一方で、大気汚染、温室効果ガスの排出、渋滞など、様々な環境問題を引き起こしています。

 平成17年2月に、地球温暖化の原因物質である温室効果ガス排出量の削減目標(1990年比6%削減) を盛り込んだ『京都議定書』が発効し、同年4月には京都議定書を達成するための『京都議定書目標達成計画』が閣議決定されました。

 しかし、我が国の温室効果ガスの排出量は2002年度は1990年度比で7.6%増加し、とりわけ運輸部門においては2002年度で1990年度比20.4%の増加を示しています。政府の議定書達成計画でも運輸部門については、2010年度に15.1%の増加に抑える目標としています。

 京都府では、平成17年12月に地球温暖化対策条例を制定し、国を上回る目標を掲げています。

EST(環境的に持続可能な交通)とは

 ESTとはOECD(経済協力開発機構)が提案する新しい政策ビジョンで、長期的な視野で環境面から持続可能な交通・環境政策を策定・実施する取り組みです。

 ESTではバックキャスティングアプローチといわれる環境的に望ましい長期的目標を定量的に設定し、そこから目標を達成するための政策を策定する目標志向アプローチが求められています。

既往の温室効果ガス排出量(指数)の推移および削減目標のグラフ

※EST:『Environmentally Sustainable Transport』の略

前のページへ前へ 次へ次のページへ

お問い合わせ

建設交通部交通政策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5183

kotsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?