ホーム > 暮らし・環境 > 食生活・消費生活 > 京都大学生協 カフェレストラン カンフォーラ(京都市)

ここから本文です。

京都大学生協 カフェレストラン カンフォーラ(京都市)

平成23年度に「たんとおあがり 京都府産」施設の認定対象として大学食堂が加わりました。初めての認定となった大学食堂のひとつ、京都大学生協「カフェレストラン カンフォーラ」の店長にお話をうかがいました。

施設について紹介してください。

  • 店内には91席あり、一日の利用者数は約350人です。
    学生のほか、教職員や学会参加者、観光客の方も来店されます。
  • 構内の他の店舗はセルフサービスですが、当店はフルサービス。食事の時間を楽しむことをコンセプトにしていることから、テーブルの間隔を広めにし、ゆったりと食事ができるレイアウトとなっています。
    京大生協カフェレストランカンフォーラ(外観)

メニューを提供するに当たり心がけていることは。

  • 観光客が多いことから、湯葉や京野菜を使用するなど、京都らしさを取り入れたメニューを提供しています。
    また、利用者の多くが学生ですので、料理にボリュームを出しながらも、通常のレストランと比べて価格を抑えています。
  • 学生には、食材等について学びながら食事をしてほしいと考えているため、メニューに説明文を掲載するようにしています。
    京大生協カフェレストランカンフォーラ(店内)

おすすめのメニューは何ですか。

  • 京野菜の九条ねぎを使用した「九条ねぎと蒸し鶏の和風パスタ」です。
  • 5月~6月には「京ラフラン」、7月には「京てまり」を使用したメニューを提供しました。「京ラフラン」は、大根とキャベツから生まれた野菜、「京てまり」は、甘くて小型の種無しトマトで、どちらも、京都大学農学部と京都市が連携して開発した新しい京野菜です。
    京大生協カフェレストランカンフォーラ(料理)

大学や行政、農業者さんとの連携についてお聞かせください。

  • 京都大学農学部や行政との連携がきっかけで、京都米や京野菜を提供するようになりました。
  • 定番の京野菜は八百屋に納品していただいていますが、京ラフランなどの出回り量の少ない京野菜は、京都市に調整してもらい、農家から納品していただいています。
  • お米は全て綾部の特別栽培米ヒノヒカリ。綾部の農業者から直接仕入れています。店舗の入り口には、生産者の写真やお米の情報を掲載し、利用者に情報発信しています。
    京大生協カフェレストランカンフォーラ(食材) 京大生協カフェレストランカンフォーラ(情報発信)

大学生に「だし」の味わいを体験してもらう取組を行われているそうですね。

  • 「本物のだしを味わうことは教養である」と題して、京都の料亭のだしを味わうイベントを実施しています。これまでの5年間で毎年多くの学生が参加しました。
    老舗料亭5軒に、昆布とかつお節を使っただしを取っていただき、学生に本物のだしを味わってもらいます。
    学生からは、「本物の味を知ることができて、貴重な体験となった。」「自宅でもだしをとりたい。」との声がありました。
    京大生協カフェレストランカンフォーラ(だしの授業)

今後の抱負についてお聞かせください。

  • これからも地産地消を推進するとともに、学生が、学びながら、味わいながら食事ができるような取組を考え、実施していきたいと思います。
    京大生協カフェレストランカンフォーラ(店長)

事務局から

農学部が開発した新しい京野菜を使ったメニューは、まさに京都大学ならでは。大学・行政・農業者との連携を、地産地消にうまく取り入れておられました。
また、店長さんのお話には、「学ぶ」という言葉がよく出てきました。学生には、ただ食事をするだけでなく、食事を通して学び、教養としてもらいたいという思いが伝わってきました。

お問い合わせ

農林水産部食の安心・安全推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4982

shokuanzen@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?