ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 政策企画部 企画統計課 > 2020年農林業センサスにご協力をお願いします

ここから本文です。

2020年農林業センサスにご協力をお願いします

令和2年2月1日現在で、2020年農林業センサスを実施します。

banner(外部リンク) 

調査の概要

1 調査について

「農林業センサス」は、農林業の生産構造や就業構造の実態を明らかにすることを目的に、5年ごとに農林水産省が実施する農林業に関する最も基本的な統計調査です。

農業生産の現場では、海外への輸出や6次産業化への挑戦、大規模経営、先端技術の活用等、従来想定されていなかった新たな経営が出現する一方、農林業従事者の高齢化や農地の荒廃など農林業・農山村をめぐる環境は極めて厳しい状況にあるのが現状です。

本調査は、全数調査として実施することから、これらの農林業・農山村を取り巻く情勢の変化等に対応するために必要な詳細な地域ごとの農林業の実態等を的確に明らかにすることが可能となるため、農林行政の推進、各種交付金の算定のための基礎資料となっています。

2 調査期日

令和2年2月1日現在

3 調査の種類

農林業センサスには、「農林業経営体調査」と「農山村地域調査」があります。そのうち、「農林業経営体調査」は、京都府・市区町村経由で実施します。

以下は、「農林業経営体調査」の内容です。

【調査実施系統】

農林水産省-京都府-市区町村-指導員-調査員-調査客体

【調査内容】

農家や林家、会社や集落営農など、農林業を営んでいるさまざまな経営体の実態を正しく把握するための調査で、全国の農林業経営体が対象です。

(農林業経営体とは、一定規模以上の農林産物の生産を行うか、又は委託を受けて農林業作業を行う事業者をいいます。)

4 調査の法的根拠

統計法(平成19年法律第53号)に基づく基幹統計調査として実施します。

5 調査事項

経営の状態、世帯の状況、労働力、作業の受託、耕地、農業生産の概況、農産物の販売、経営の多角化、山林・林業生産、素材生産など

6 調査方法

調査員による調査票の配布と回収を行います。オンラインによる回答も可能です。

7 結果の利用

  • 本調査の結果は、食料・農業・農村基本計画及び森林・林業基本計画に基づく各種農林業施策の企画・推進・評価の際の基礎資料として、また、各種交付金の算定のための基礎資料として活用されるほか、農業経営安定等の施策の立案や各種統計調査を効率的に実施するための母集団情報としてなど、多様な活用がなされています。

お問い合わせ

政策企画部企画統計課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4482

kikakutokei@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?