ホーム > 産業・しごと > まちづくり・上下水道・電気 > 都市計画とまちづくり > 「京の景観形成推進プラン」第2回検討委員会 概要と意見

ここから本文です。

「京の景観形成推進プラン」第2回検討委員会 概要と意見

第2回検討委員会 概要

1 日時

平成17年7月12日(火曜日) 午前9時30分から11時50分

2 場所

京都府庁職員福利厚生棟第1~第3会議室

3 議事

  • 事務局説明
    ・第1回検討委員会の意見まとめ
    ・プラン骨子について
  • 文化的景観の意義と活用方策について(金田参与から話題提供)
    議事録へ
  • 京都府の現状、課題、施策の基本方向について及び意見交換
    議事録全文(PDFファイル、180KB)(PDF:180KB)

4 その他

  • 第3回 8月2日(火曜日)
  • 第4回 9月6日(火曜日)

いずれも14時30分から府庁福利厚生棟第1~第3会議室において開催。

次回までに、各委員には、「具体的施策」について考えておいていただく。


第2回検討委員会 会議風景

第1・2回検討委員会 意見交換まとめ

京都府の現状、特性

特性

  • 農山漁村の集落景観が特徴
  • 町屋の坪庭や奥庭の自然の取り入れ方が特徴
  • 京都には「自然との折り合いの美学」が有る。自然という界を人間界が感じていた。
  • 京都が100万人以上の人口を抱え1200年以上生き続けている要因は自然の豊かさ。
  • 「取り残された京都」(近代化から落ちこぼれた部分)がある。
  • 千年を超える歴史と文化から醸成された景観の重層性

社会的背景

  • 景観法の成立は、これまでの画一性・合理性の流れのパラダイム転換のチャンス
    (これまでは、技術革新や経済産業の発達により、伝統的なものを捨てて利便性や画一性を強調する流れ(一般的合理性))
  • 景気が低迷している現在、開発と景観のバランスが取りやすい状況にある。今の時期をうまくターニングポイントに繋げていかなければならないと考えている。

現状

  • 府(北部)の農山村集落では過疎、高齢化により、里山等地域の文化を象徴する景観が荒廃

景観形成に当たっての課題

行政

  • 行政の施策継続性とクオリティーの確保
  • 行政、住民の人材育成

法制度

  • 景観という切り口による既存の法制度運用の再点検が必要
  • 都市計画関連の規制緩和との整合性
  • 全国一律の法制度が景観を壊してきた

住民支援

  • 府民の思いが芽生えた初期段階、及び、花が開く段階で支援する仕組み
  • 地域情報の発信
  • 価値観の共有と、行政、住民、事業者の意識向上が重要(郷土愛)
  • 「好ましい景観」を育てるためには、住民意識が最も大事
  • 外観の保存だけではなく、内観の生活様式の維持についても問題がある。(京町屋に関連して)

場所

  • 文化財保護法等で守られる建造物や庭園のバッファーゾーンの保全の方策

意識改革

  • 外観のみを考えている。中身(内観、精神性)を考えることが重要
  • 良好な景観を有していても価値観として共有されていない
  • 伝統的なものも、情報化社会の中で、都市とステレオタイプ的に動いている

景観形成に当たっての基本理念

継承と発展

  • 景観は「創る」ものではなく、「育てる」もの。前の世代が創ってきたものに少し手を加え、後世に引き継ぐ。(建築を自然生態系、社会文化の中に位置づける視点)
  • 保全、育成し、「修復する」視点
  • 環境(景観)の遺伝子を残し、復元し、それを基に新しくクリエーションできる。

周囲との調和と折り合い

  • 家並みだけではなく、山、水面等の背景も含めて総合的に空間を捉える
  • 都市は常に後背地の農村等周辺の支えの中で成立
  • 街並み景観で重要なのは他者(建築物、自然、人の生活等)との関係(ネットワーク、文脈形成)
  • 近代建築であっても自然と調和させているのが京都の特徴

生活(生業)との調和・交流による持続的発展

  • 景観を成り立たせる諸要素の本質を踏まえた保全
  • 観光、交流との関係が景観を守る循環を生む
  • 景観、安心安全、経済合理性のバランス
  • 地域の生活や生業を尊重する
  • 経済活動との相関大。府内の資源をうまく循環させていく仕組み
  • 暮らし方(ライフスタイル)そのものの建て直しが必要(農山漁村景観)
  • 人の歩くスピードや魚のスピードでの景観も大事に
  • 現在、生きている人間にとって暮らしやすい景観形成を行う必要

価値観の共有

  • 良好な景観を資産として捉える視点
  • 価値観の共有と住民意識の引き出し
  • 時代に応じて価値観を変えていくことも必要

「景観」の特質

  • 景観は公共性が高いもの。(ヨーロッパでは社会的共通理解として認知されている)
  • 生活や生業に支えられた安心感のある「心地よい景観」が美しい景観
  • 現在の景観も、戦後に形成されるなど、住民の意識により形成されたものもある
  • 「きれいな夕日」や「きれいな新緑」など論理や理性に左右されない美しさもある

自然との調和

  • 自然との因縁、畏敬を無視しては先に進めない。
  • 自然そのままではない、人々の暮らしの生態系と物語性を伴う、文化で発酵させた自然景観

府県の役割

  • 眺望景観
  • 農地、アセスメント、公共事業
  • 都市と農村との関係(リンク)やネットワーク(線で繋ぐ)
  • 市町村との連携のあり方の提示(今回プランで)

景観形成の方向性

  • 農山漁村部における四季折々の色彩(林相)に特徴が出せるのでは
  • 地域のシンボルからの景観形成の視点
  • 公共施設整備に併せた景観形成
  • 景観に興味を持ち点検できる府民の育成

施策展開

  • 電線地中化、無電柱化の推進
  • 行政、住民の人材育成
  • 経済や交通問題とも関係する。総合的取組により景観が生き返っていく仕組み

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設交通部都市計画課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5329

toshi@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?