ホーム > 産業・しごと > まちづくり・上下水道・電気 > 都市計画とまちづくり > 「京の景観形成推進プラン」第3回検討委員会 概要と意見

ここから本文です。

「京の景観形成推進プラン」第3回検討委員会 概要と意見

第3回検討委員会 概要

1 日時

平成17年8月2日(火曜日) 午後2時30分から午後5時10分

2 場所

京都府庁職員福利厚生棟第1~第3会議室

3 議事

4 その他

  • 10月7日にまちづくりワークショップを景観をテーマに実施する。
    今回のアクションプランでの議論にも参考とする。
  • 第4回 9月6日(火曜日) 午後2時30分から府庁福利厚生棟第1~第3会議室において開催。


第3回検討委員会 会議風景

第3回検討委員会 意見交換まとめ (施策関連)

広域的及び特徴的景観形成の推進

  • 文化的景観について「選定に向けた検討を推進」は、もう少し書き込みを。街興しや地域興しが前提にあるので、もう少し具体的な支援策も書いてほしい
  • 伝統的建造物や民家保全事業を府独自でやってはどうか(住宅マスタープランに書き込む作業をしている府県あり)
  • 社寺仏閣だけではなく、町家、民家の保全のための技術者講習会や講座などを
  • 社寺仏閣の社寺林への支援(景観重要樹木としての指定、維持管理方法の情報提供等)
  • 屋外広告物の問題を入れること。景観軸の形成にも関わる。
  • 景観資源は歴史的と限定せずに、緑地や河川、環境問題も入るようにすべき

公共事業による景観まちづくりの推進

  • 指針を創るだけではダメで、チェックする仕組みが必要
  • 一定規模以上の民間建築物や府決定の都市計画(線引き、用途地域等)についての、景観上のチェックの仕組みの導入
  • 電線地中化は是非入れてほしい

景観まちづくりの担い手支援

  • 市町村が景観行政団体となって行ってほしいとするなら、市町村に対する支援(人的、技術的、経済的)が必要
  • 情報のネットワーク化をやっても必要性が少ない。もう少し特色を付けるべき。
  • 京都市では景観条例を創ったとき景観講座をやったが、非常に効果があった。こういった結果をホームページに載せればよい。
  • 地域の景観を形成してきた技術の継承支援

総合的・継続的取組を支える仕組みづくり

  • 京都市や京都府を越えた枠組みの体制(嵐山の例より)
  • 議会報告や白書により、一定の水準や継続性を担保している県もある

その他の施策提案

  • 山の赤松、海の黒松構想。例えば東山の夕日に映える美しい景色の復活。海岸の黒松も全国的に失われている
  • 日本庭園のバッファーゾーンの保全。歌枕の源流となった場所を選定し核としていくなど
  • 景観マネージメント(景観資源の維持・管理とともに、運用・活用といった概念を含む考え方)の取り入れ

その他の視点

  • 展開の柱に「景観の活用」を立てるべき。景観マネージメントともつながるテーマであるが、景観投資と行政評価、地域活性化という視点を明記してはどうかとか考える
  • 「景観まちづくり」と「景観形成」の言葉の使い分けを。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設交通部都市計画課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5329

toshi@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?