ホーム > 産業・しごと > まちづくり・上下水道・電気 > 都市計画とまちづくり > 「京の景観形成推進プラン」第5回検討委員会 概要と意見

ここから本文です。

「京の景観形成推進プラン」第5回検討委員会 概要と意見

第5回検討委員会 概要

1 日時

平成17年11月18日(金曜日) 午前10時00分から正午

2 場所

ハートピア京都 視聴覚室

3 議事

  • 事務局説明
    ・第4回検討会からのプラン修正点の確認
    ・府民意見結果について
    京都府まちづくりワークショップ、パブリックコメント
    ・今後の重点施策について
  • 意見交換
    議事録全文(PDFファイル、23KB)(PDF:23KB)
  • その他
    1月14日に景観シンポジウムを実施。検討委員からも基調講演やパネリストとして参加いただく。


第5回検討委員会 会議風景

第5回検討委員会 意見交換まとめ

プラン最終とりまとめに向けた意見交換

  • 府の役割として、地域の繋がりや広域的景観形成を行うことがあるので、重点施策におけるモデル地区の記述について、施策実施の趣旨や観点を追記する方がよい。
  • 3つの視点は「3つの視座」とする方が誤解がない。(景観を見る「視点場」との違い)

今後の重点施策について

眺望景観の募集

  • 地域によって「景観」の認識について知識や温度差がある。景観の募集の前に、我が町・我が故郷はこんなに美しいという再発見の取組(見る目を養う)が先にあった方がよい。
  • オーディナリーランドスケープ(生活景)といった日常の何気ない景観を掘り起こすなど、裾野を広げる取組を。

研修・意識啓発

  • 事業者(建築、開発、広告物等)にどのように啓発、顕彰していくかが重要であり、行政職員だけではなく、事業者を対象とした研修や勉強会も必要。
  • 「資産としての景観」を理解してもらうには、啓発活動を相当行う必要がある。

その他

設計事務所や建築事務所への啓発は重要であり、セルフガードも働く。事業者の評価基準に景観に関する基準が入れられないか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設交通部都市計画課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5329

toshi@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?