ここから本文です。

高齢者向けワクチンの市町村への供給について

報道発表日:令和3年3月26日

ワクチン接種対策室
075-414-4700

4月12日の週から高齢者への優先接種が開始されることに伴い、府に対して供給される22箱(21,450回分)について、市町村への配分が決まりましたので、お知らせします。

1 国から府への4月供給予定 

4月5日の週

2箱( 1,950回分)

〃 12日の週

10箱( 9,750回分)

〃 19日の週

10箱( 9,750回分)

 

 

 

 

2 京都府の配分の考え方

次の項目を考慮し、4月供給分の市町村配分を決定

1)重症化リスクの回避、クラスターの抑止・・・要介護度が高く、集団で生活されている介護老人福祉施設の入所者を優先

2)地域バランス・・・可能な限り、幅広く市町村に行き渡るよう配分

3)感染者の発生状況・・・感染のリバウンドを起こさないよう、これまでの発生状況を考慮

3 配送スケジュール ※府に入荷次第、配送予定(翌週になる見込み)

4月5日の週分

京都市、宇治市、和束町、伊根町

〃12日の週分

京都市、乙訓・山城北・山城南医療圏の各市町

〃19日の週分

京都市、南丹・中丹・丹後医療圏の各市町

 

 

 

 

 

介護老人福祉施設がない笠置町と南山城村には今回は配分されませんが、両町村の住民で他市町の施設に入所されている65歳以上の方は接種の対象となります。

 

別紙「市町村別ワクチン供給量 (令和3年4月分)」

(PDF:60KB)

 

お問い合わせ

健康福祉部ワクチン接種対策室

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5987

vaccine-taisaku@pref.kyoto.lg.jp