働き方改革支援トップ

社会福祉法人 伏見にちりん福祉会

医療・福祉

取組の目的

専門学校卒業者が採用できない。

職員の勤務形態に偏りが生じ、体調を崩したり、夜勤の連続勤務から昼間勤務の仕事スキルが身につきにくく、夜勤は男性ばかりになることから、女性入居者が介助等でお手洗いを我慢するといった支障も出てくる。

要介護者の家族を抱えた職員も、介護退職することも多い。

改善につながる事を実施する。

取組の概要

社会福祉法人 伏見にちりん福祉会

イキイキと輝く自分について「理想の働き方」をテーマとした、「ワーク&ライフ両立セミナー」の実施

取組の内容

社会福祉法人 伏見にちりん福祉会

【社内研修の実施】「ワーク&ライフ両立セミナー」

テーマ:イキイキと輝く自分について「理想の働き方」~自分らしく働き続けるために~

  • 高田総施設長より一言
    「今回のワイガヤ会議でやってほしいこと、期待することなど」
  • 本日のルール説明
  • 「働き方改革がなぜ必要なのか?」
  • ワーク「自分らしく働き続けるために」
  • 発表
    まとめ
    高田様より一言 激励のお言葉で締めくくる。

取組の効果

社会福祉法人 伏見にちりん福祉会社会福祉法人 伏見にちりん福祉会

〔受講生感想〕一例

  • 今は仕事が忙しくて趣味の時間が取れていない。10年後の目標に向けて、・・・
  • 仕事を見直し、今後の目標立てていく、子供との時間をもっと意識して、・・・
  • 資格を取ることが目標。・・・・趣味を作ります。etc

その他前向きな意見多数出た。

企業概要

法人名 社会福祉法人 伏見にちりん福祉会
代表者 理事長 松山 迪
業種 医療・福祉
事業内容 介護保険施設の運営
ページの先頭へ