ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > 健康食品等の薬事法違反広告事例 > 医薬品、医薬部外品、医療機器及び化粧品の定義

ここから本文です。

医薬品、医薬部外品、医療機器及び化粧品の定義

薬事法で規定する医薬品等の定義

  薬事法(昭和35年8月10日 法律第百四十五号)に規定する、医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の定義は次のとおりです。

医薬品(薬事法第2条第1項)

    この法律で「医薬品」とは、次に掲げる物をいう。

1 日本薬局方に収められている物

2 人又は動物の疾病の診断、治療又は予防使用されることが目的とされている物であつて、機械器具、歯科材料、医療用品及び衛生用品(以下「機械器具等」という。)でないもの(医薬部外品を除く。)

3 人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であつて、機械器具等でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く。)


  • 日本薬局方とは、「医薬品の性状及び品質の適正をはかる」ことを目的とした(薬事法第41条)、日本における医薬品の品質基準書です。
  • 食品衛生法に定める食品に関する定義 として、「食品とは、 全ての飲食物という。ただし、薬事法に規定する医薬品及び医薬部外品はこれを含まない。」(第4条)と、定められています。

医薬部外品(薬事法第2条第2項)

    この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和な物であつて機械器具等でないもの及びこれらに準ずる物で厚生労働大臣の指定するものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、前項第2号又は第3号に規定する用途に使用されることも併せて目的とされている物を除く。

  1. 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
  2. あせも、ただれ等の防止
  3. 脱毛の防止、育毛又は除毛
  4. 人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみ等の駆除又は防止

化粧品(薬事法第2条第3項)

     この法律で「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化 し、魅力を増し 、容貌ぼうを変え 、又は 皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、第1項第2号又は第3号に規定する用途に使用されることも併せて目的とされている物及び医薬部外品を除く。

医療機器(薬事法第2条第4項)

    この法律で「医療機器」とは、人若しくは動物の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること 、又は人若しくは動物の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等であつて、政令で定めるものをいう。

 


 

医薬品の範囲に関する基準

  食品(又は器具機械等)が、医薬品に該当するかを判断する基準です。

医薬品の範囲に関する基準(医薬品等の該当性判断はこちら)

お問い合わせ

健康福祉部薬務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4786

ファックス:075-414-4792

yakumu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?