ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > 10月17日から23日は「薬と健康の週間」です

ここから本文です。

10月17日から23日は「薬と健康の週間」です

「薬と健康の週間」の実施について

毎年10月17日から10月23日までの1週間は「薬と健康の週間」として、全国各地で様々な行事が行われます。

「薬と健康の週間」は、医薬品を正しく使用することの大切さ、そのために薬剤師が果たす役割の大切さを一人でも多くの方に知ってもらうために、ポスターなどを用いて積極的な啓発活動を行う週間です。

京都府においても、薬の効果、正しい使い方等を府民の皆様に広く知っていただくことを目的に、各地域でイベント等が実施される予定です。

各都道府県で行われる啓発イベント情報(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)

 

「薬」と「健康」について、正しい知識を深めましょう!

「かかりつけ薬局(薬剤師)」、「お薬手帳」を活用しましょう

 複数の薬を服用するときは、薬の重複や飲み合わせに気をつけないといけません。
 「お薬手帳」に薬局でもらった薬を記録しておき、それを薬剤師や医師、歯科医師に見てもらうことで、そのような薬の重複や相互作用が起こることを防ぐことができます。特に、スマートフォンを使う「電子版お薬手帳」は、家族全員の薬を一つのスマートフォンで管理できるとともに、いつも身につけているものですので、災害時等でもお薬の情報をもれなく医師等に伝えることができるなど便利です。
 また、いつも利用する薬局を「かかりつけ薬局」として一つに決めることで、医師から処方された薬だけでなく、市販薬やサプリメントなどの情報も一元的・継続的に管理してもらうことができ、「かかりつけ薬剤師」が相談に応じてくれるなど、薬による治療がより効果的なものになるようお手伝いをしてもらえます。
 「かかりつけ薬剤師・薬局」、「お薬手帳」を上手に活用しましょう。

電子版お薬手帳について

夢の健康食品はありません、無承認・無許可医薬品に注意しましょう!

 「無承認・無許可医薬品」とは、本来であれば医薬品とみなされるべきものが食品として流通したり、医薬品や保健機能食品でもないのに、それらと紛らわしい効能・効果などを表示・広告して販売等されたりしているもののことをいいます。
 こうした製品は医薬品医療機器等法に違反しているばかりか、品質・有効性・安全性の確認がなされたものでないため、使用することは大変危険です。絶対に使用しないでください。
 また、海外からインターネットで個人輸入される医薬品の使用による健康被害も報告されています。日本国内で正規に流通する医薬品には、それを適正に使用していて重大な健康被害を生じた場合には、救済を図る公的仕組みがありますが、個人輸入された医薬品による健康被害は救済の対象となりません。安易な個人輸入による使用は避けましょう。

薬物乱用防止に関する詳しい情報は、「きょうと薬物乱用防止情報センター」をご覧ください。

献血にご協力ください!

 少子高齢化、医療の高度化により、将来的に必要な血液の確保が困難となっています。血液を必要とする患者さんに安定して血液をお届けするためにも,一人でも多くの方のご協力が必要となっています。皆様のあたたかいご協力をお願いします!

京都府赤十字血液センターホームページへのリンク(外部リンク)

けんけつちゃんまいこ

お問い合わせ

健康福祉部薬務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4792

yakumu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?