ここから本文です。

麻薬・覚せい剤と薬物乱用

麻薬、覚せい剤などの鎮静作用、興奮作用あるいは幻覚作用を持つ薬物は、興味本位、自己満足、あるいは現実から逃避するため等の目的で使用されることがあります。このような間違った使用法は一般に「薬物乱用」と呼ばれ、使用した本人の心と体を傷つけるだけでなく、家庭や社会に対しても様々な悪影響を及ぼします。

そのため、これらの薬物については麻薬及び向精神薬取締法をはじめとする法律により、厳しい規制がなされています。

薬務課においては、これらの薬物について、取扱い資格の許認可、取締り及び薬物乱用を防止するための啓発などを行っています。

  1. 乱用される薬物について
  2. 薬物を規制する法律について
  3. 医療用麻薬の適正使用について
  4. 京都府薬物乱用防止指導員について
  5. 薬物乱用防止に向けた府民へのアピール

お問い合わせ

健康福祉部薬務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4786

ファックス:075-414-4792

yakumu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?