ここから本文です。

飼養衛生管理基準について

飼養衛生管理基準について」(平成23年10月1日)

 平成22年4月に宮崎県の口蹄疫の発生、同年11月から全国的に高病原性鳥インフルエンザの発生が見られ、大きな被害をもたらしました。家畜伝染病の被害を最小限に止めるためには「発生の予防」、「早期発見・通報」及び「迅速・的確な初動対応」が重要であることから、本年4月に家畜伝染病予防法の一部が改正され、今回、法に基づく「飼養衛生管理基準」も大きく見直されました。 

 家畜の飼育者のみなさんは大切な家畜を伝染病から守るため、積極的に取り組んでいただきますようお願いします。

新しい飼養衛生管理基準のポイント

  • 対象家畜の拡充
    今までは、牛、豚、鶏でしたが、新しい基準では 牛、水牛、鹿、めん羊、山羊、豚、いのしし、鶏、あひる、うずら、きじ、だちょう、ほろほろ鳥、七面鳥、馬に対象が拡充されました。
  •  最新情報の確認
    家畜伝染病の発生予防などに関する情報を積極的に把握。
  • 衛生管理区域の設定と消毒の徹底
    畜舎とその周辺区域を衛生管理区域としてわかるようにした上で、この区域に出入りする車両、人及び物品は、必ず消毒(消毒に適さないものは洗浄で可)。
    畜舎へ出入りする際には、靴の消毒と手指の洗浄又は消毒。
    ※ 衛生管理区域:病原体の侵入を防止するために衛生的な管理が必要となる区域を言います。
  • 家畜の健康観察と早期通報
    毎日、家畜の健康観察を行い、異状が確認されたら直ちに家畜保健衛生所に通報。
  • 家畜保健衛生所への届け出が必要となる「特定症状」
    口蹄疫の特定症状 (PDF:334KB)
    高病原性鳥インフルエンザの特定症状 (PDF:389KB) 
  • 口蹄疫や鳥インフルエンザの発生に備えた埋却などの準備(馬を除く)
  • 農場へ立ち入った人や車両、導入した家畜の記録を保存(一年以上)
  • 家畜の飼養に係る衛生状況に関する定期報告

平成25年の定期報告 24-26家畜衛生情報に詳しく説明 (PDF:564KB)

飼育者向けパンフレット

  牛、水牛、鹿、めん羊、山羊用 (PDFファイル ,1MB)(PDF:1,849KB)

 豚、いのしし用 ( PDFファイル ,1MB)(PDF:1,926KB)

 鶏、あひる、うずら、きじ、だちょう、ほろほろ鳥、七面鳥用 ( PDFファイル ,1MB)(PDF:1,607KB)

 馬用 (PDF:1,022KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部山城家畜保健衛生所

城陽市寺田北山田31-47

電話番号:0774-52-2040

ファックス:0774-52-2030

yamashiro-kaho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?