ホーム > 地域振興 > 広域振興局 > 京都府山城広域振興局 > 子宮頸がん予防について

ここから本文です。

山城広域振興局

子宮頸がん予防について

子宮にできるがん 

 子宮の入り口付近にできるがんを「子宮頸(しきゅうけい)がん」といいます。
 また、子宮の奥にできるがんを「子宮体(しきゅうたい)がん」といいます。
 この2種類のがんは、原因や発症しやすい年齢・特徴などが異なります。

  子宮頸がん 子宮体がん
発症しやすい年齢 30歳代が発症のピーク 50歳代が発症のピーク
原因 ヒトパピローマウイルス(HPV) 肥満、高血圧、糖尿病、更年期障害などのホルモン剤の長期使用
初期症状 ほとんどなし 不正性器出血

 

子宮頸がん予防ワクチンについて

  • 子宮頸がん予防ワクチンとは?
     ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防することができるワクチンが「子宮頸がん予防ワクチン」です。
     子宮頸がんの原因として最も多く報告されている2種類(HPV16型と18型)のウイルスの感染を防ぐワクチンでが、日本では2009年12月から医療機関で接種できるようになりました。
     このワクチンを3回接種することで、発がん性HPV(16型と18型)の感染から長期にわたってからだを守ることが可能です。 
  • ワクチン接種費用の公費助成の対象者は?
     日本産婦人科学会や日本小児科学会は、最も効果が高い11歳から14歳での接種を強く推奨しています。
     このため、市町村において、中学1年生から高校1年生相当の女子を対象に費用の助成が行われます
  • 接種回数と接種期間は?
     初回接種、1か月後、6か月後の計3回の接種が必要です。

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(平成25年6月現在)

 現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種に当たっては、有効性とリスクを理解した上で、受けるようにしてください。

詳細はリーフレット(PDF:1,379KB)をご覧ください。

 

子宮頸がんは「予防可能な」がんです(PDF:2,074KB)

リンク

京都府健康対策課

国立がん研究センターがん対策情報センター


 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

山城広域振興局健康福祉部 山城北保健所

宇治市宇治若森7-6

電話番号:0774-21-2191

ファックス:0774-24-6215

yamashin-ho-kita-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?